『LOVE CHASER』

『LOVE CHASER』

『LOVE CHASER (ラブチェイサー)』は1987年にPC88用として、
チャンピオンソフトから発売されました。

当時では非常に完成度の高いアダルトゲームでしたね。

lovechaser01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド入力式ADVになります。

ヒロインである「加藤かずこ」は大財閥の娘。
彼女が結婚式の当日、何者かに誘拐されてしまったことから、
家族からの依頼で新人探偵が捜査を開始することになります。

元々この誘拐は、父親が政略結婚を強要したことから、
かずこ自身が計画した狂言誘拐でした。
しかし、それがいつの間にか本物の誘拐へと発展し、
発端が狂言誘拐だったことから警察にも連絡することができず、
主人公らの出番となったのです。
こうして主人公らは、狂言誘拐を請け負った女の子ら調べることになるのです。

<感想>


チャンピオンソフトということで、つまりはアリスソフトの作品ですね。
アリスの古い作品はフリーで公開されているのだけれど、
アリスブランドで出す前のチャンピオンソフト名義の作品は、
残念ながら対象に含まれていません。
結構良い物もあるんですけどね。

さて、本作はコマンド入力式ADVなのですが、
主人公にはパワーとして持ち点がありまして、
最初は900点が用意されています。
ゲーム序盤のパズルで半分以上減らされてしまうのですが、
その後の行動でも点数は減っていきますので、
最初のパズルでいかに点数を減らさないかが攻略の肝になります。

行動による減点方式というのは、当時の幾つかのADVに存在し、
必ずしも目新しいものではなかったのですが、
これにより歯応えのあるゲームになったことも確かです。

ストーリーも当時のADVの中では凝っていたし、
グラフィックなども良かったです。

つまり全ての面で当時のアダルトゲームの水準を超えていて、
いわゆる完成度が高いと呼ばれやすい作品なのだと思います。
その一方で、本作ならではの特徴という面では、
少しもの足りない作品でもありました。

<総合>


完成度は高いけど独自性は足りないということで、
基本的に私とは相性が良いとは言い切れないタイプなのでしょう。
突出した部分がないことから、総合でも良作としておきます。

もっとも、この辺は価値観次第ですからね。
今でもアダルトゲームの最新の大作が出ると、
完成度が高いとか欠点がないとして高く評価されるのを見かけます。
私も現役ユーザーなので、そういうのもプレイしますが、
大半は全ての面で現時点の水準は超えつつも、
明確な特徴に欠けるものばかりでして。
で、そういうのって、
数年後には発売当時を知らない新規ユーザーによって、
何の特徴もない作品とかって言われちゃうんですよね。

本作には今でも通じる強烈な個性はないのだけれど、
今現在、完成度重視で判断するユーザーが、
もし本作発売時にアダルトゲームをプレイしていたならば、
間違いなく本作を絶賛していたと思います。
私とは異なる基準、完成度を重視して考える人にとっては、
本作が87年的名作になるのだろうなと思い、紹介してみました。

ランク:B-(良作)

LOVE CHASER

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1987」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2606-b4b428aa
| ホームへ戻る |