『アンリミテッド:サガ』

『アンリミテッド:サガ』

『アンリミテッド:サガ』は2002年にPS2用として、
スクウェアから発売されました。

これは否が応でも賛否分かれてしまう作品でしょうね。

アンリミテッド:サガ

<感想>


ゲームジャンルはRPGになります。
まぁ、サガシリーズは有名だったので、当時は知ってる人も多かったでしょうが。
今はどうなんだろ?
そろそろ知らない人も増えてきているのかな。

この作品は、発売直後からクソゲー扱いされていました。
サガシリーズは元々どれも非常に癖の強いシリーズでもあり、
最初から好き嫌い分かれるシリーズだったと思うのですけどね。
それが年を経るごとに神格化されるような作品も出てきたのですが、
その過去の名声も全部消えてしまうような非難の嵐でした。

ただ、一般にクソゲー扱いされる作品には、幾つかパターンがありまして。
例えば中身がスカスカな場合とかバグで動かないような場合には、
どれだけ叩かれても仕方ないし、誰がやってもクソゲーなのでしょう。

しかし、何をやって良いか分らないことからクソゲー扱いされる場合も多々あり、
そうした作品の中には、やることさえ理解できれば、
奥が深かったりスルメゲーだったりすることもあるのです。
何をやって良いか分らないというのは、
自由度の高さからくる場合にはプレイヤーが馬鹿なだけですが、
中にはシステムが複雑なのに説明が不親切という場合もあります。
その場合は、やっぱり非難されても仕方ない面もあるのですが、
理解して楽しめる人がいることも否定できないのでしょう。
本作は、その何をやれば良いか分らないタイプの作品であり、
しかも理解できればスルメゲーの魅力も備えたゲームだったのです。

詳しいシステムの説明は面倒なので省略してしまいますが、
かなりTRPGを意識した作りになっています。
私は不親切だと言われるゲームでも問題なくプレイできることも多いので、
たぶん大丈夫だろと軽く考えていたのですけどね・・・
電源を入れてまず何をして良いか分らないし、
RPGなのに移動すらままならないとかw
いや~キャラの動かし方すら分らないRPGに出くわすとは想像すらできず、
これはさすがにビックリでした。
長年RPGをプレイしていて、こんなん初めてだよ。
そもそも本作はいろいろ特殊なのに、
説明書やチュートリアルが役に立ってないのです。
よく説明書が別売と言われていますけどね。
まぁPCのSLGでも分厚い冊子の説明書が付いていたりしますが、
そうしたゲームを説明書なしでプレイした時の様な感覚でしょうか。
凝ってはいるのだろうけれど、とにかく厄介なシステムでした。

もっとも面倒でも凝っていれば私は楽しめることも多いですが、
本作は「リール」と呼ばれるルーレットみたいな物が随所で使われます。
アクションが得意な人は目押しができるのかもしれませんが、
私は目に疲労が溜まりやすいので画面を凝視し続けることができません。
そのため個人的には、やたらと疲労する作品だったのです。

まぁリールが好きか嫌いかなんてのは完全に個人的な好みの問題なので、
その点は評価には反映させないのですけどね。
しかし本作の複雑なゲームデザインを重視するならリールを省き、
逆にリールを重視するなら爽快感重視のシンプルな構造にした方が、
ゲーム全体としても纏まったように思うのですけれど。
方向性の異なるシステムを組み合わせたために、
結果として中途半端な印象につながってしまったわけで、
どうにも組み合わせが悪いようにしか思えなかったです。

他方で、グラフィックとサウンドは良かったですね。
グラフィックの表現方法はいろいろあって良いと思いますし、
皆がFFと同じ方向に進む必要はないのでしょう。
だから『サガフロンティア2』の水彩画風のグラフィックには感動したのですが、
その方向性をPS2の性能で表現したのが本作であり、
更なる進化が感じられて良かったです。

<総合>


グラフィックやサウンドは良かったし、
ゲームとしてハマれる要素も十分にあるとは思います。
しかし複雑な構造を採りながら、結局はリールに依存しているために、
どっちも良さが死んでしまっているように感じたことから、
個人的には佳作としておきます。

今はどうか知りませんが、本作の発売された辺りは、
やたらと古参ぶったユーザーが今のゲームは温いと言っていたように感じました。
しかし、例えば2002年には本作やドラクォなんかがありますし、
むしろ昔より難しいのもいろいろあったと思います。
売れて有名になる作品の傾向が変わっていくだけであり、
昔も今もいつの時代も簡単なゲームもあれば難しいゲームもあると。
ただ難しいのが好まれる時代では名作と語られやすかったのが、
ヌルゲーが好まれる時代ではクソゲー扱いされやすくなっただけであって。
歯応えのある作品をやりたいなら本作をやれば良いのになと、
いつも思ったものでした。

癖があることは否定できない作品なので、
絶対に気軽に薦めることのできる作品ではないのでしょう。
でも、今ならゲームも攻略本も安く手に入るでしょうし、
もし時間があるのなら、じっくり楽しむことはできる作品だと思いますね。

ランク:C-(佳作)

アンリミテッド:サガ

UNLIMITED SaGa [リミテッドエディション]

関連するタグ PS2 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2605-a5cbdf83
| ホームへ戻る |