『揺蕩う刻』

『揺蕩う刻』

『揺蕩う刻』は2004年にWIN用として、
マリンハートから発売されました。

これもある意味、男の娘なのだろうか。
主人公を可愛いと思ってしまう作品でした。

揺蕩う刻

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・「夏。」
白芳学園に一人の転入生がやってくる。
日々何の事件も無く、風のように過ぎる日々を過ごしていた主人公、
飛鳥は自分と似た空気を持ったその少年に興味を抱く。
安穏とした日常に漠然とした不安を抱く、
揺れ動く透明な少年心理に波紋が広がって行く。
深く考える事の嫌いな幼なじみ、かつては友人だった不良少年、
明朗で世話好きの担任教師、寡黙な部活顧問、反目し合う兄。
それぞれの、秘めた想い、静かな狂気が動き出す・・・・・・。

<感想>


本作は女性向けの、いわゆる18禁BLゲームになります。
音声のない作品ですが、発売されたのは2004年ですからね。
既に音声付きの作品も多かったので、音声が欲しいかなと思いつつも、
『Fate/stay night』も2004年ですから、
市場的にはまだ音声なしでも受け入れられた時期ではあったのでしょう。

パッケージの絵で何となく雰囲気も伝わるかと思うのだけれど、
思春期の少年の心理を丁寧に描いた作品でして。
その独特の雰囲気から、音声がないなどの弱点を差し引いても、
凄くハマる人も出てくるのかなと。

その一方で、表現が少し直接的だったり、
Hシーンが無理やりな場面も多かったりで、
女性向けというより男性向けの作品の構造に近い様にも思ったりも。
その点で合わない女性ユーザーが出てくる可能性がある反面、
男性ユーザーには逆に馴染みやすいかもしれませんね。

本作をプレイしていて、とにかく主人公にエロさを感じたわけでして。
商品紹介の立ち絵とかは普通の少年っぽいのだけれど、
ゲーム内の一枚絵とか、自分には女の子にしか見えなかったり。
しかも結構好みな絵柄なので、
男性向けアダルトゲームの萌えヒロインよりも、
可愛く見えてしまったんですよね。

本作が発売された時は、まだ男の娘って言葉はなかったと思うけれど、
女かと思わせるような本作の主人公は、男の娘って言えるようにも思います。
アニメや漫画の男の娘は好きなキャラも多いのですが、
男性向けアダルトゲームの場合、ナニが生えているだけで、
見た目は露骨な萌え炉利ヒロインと変わらない場合が多く、
どうも惹かれるデザインがないわけでして。
個人的には、そういう作品よりも本作の方が萌えましたね。

<総合>


男の主人公に対し、他所の女性ヒロインより興奮できたという、
非常に稀な経験をできたことから、個人的には良作としておきます。

男性向けアダルトゲームの中でも、最近は男の娘ゲーが増えています。
BLゲーっていうと嫌う男性プレイヤーも多いですが、
男の娘ゲーって、言い換えればBLゲーだよねと。
そうなってくると、男性向けも女性向けも関係ないでしょう。
なので、こういう作品は女性も男性も楽しめるように思いますね。

ランク:B-(良作)

揺蕩う刻

CDソフト揺蕩う刻

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2593-92aebc38
| ホームへ戻る |