<雑記> シナリオ重視、2015年の最近の作品について、など

<雑記> シナリオ重視、2015年の最近の作品について、など

正月以来の駄文ということで、シナリオ重視という言葉についてであるとか、
ついでに最近の注目作なんかについても。

あとは、軽く日記ですね。

<シナリオ重視>


先日発売されたアダルトゲームでパクリ騒ぎがあるようでして。
私は当該作品をプレイしていないので、その内容については分かりません。

ただエロゲユーザーって、昔から妙にその辺は寛容なんですよね。
90年代の某作品にしても、もろにある小説の影響が凄く強いけれど、
俺はライターのテキストが好きなのだから、
ストーリーが酷似していても関係ないとか、
それを格好良く言い換えて、独自の作品として昇華したとか。
或いは一部シナリオが盗作で騒がれたけれど、
該当部分を削除したからそれでOKみたいな。
そしてそういうのが、数年後にも名作として語り継がれているわけで。
で、そういう作品に影響を受けたと言って業界に入って来たのが、
オマージュやパロばかりのような二次創作家で、
そんな人がゼロ年代前半に良いライターとして持て囃されていたものです。
まぁ一部で熱狂的に持て囃されるだけで、阿呆くさと思う人の方が実は多いのか、
ライター名で売上が伸びる作品なんて、ほんの数本しかないのですけどね。

だから売り上げの観点からは、そんな作品を作っていては駄目なのだろうけど、
売れる作品と名作なんて一般に語られる作品は異なりますからね。
そして、ぶっちゃけ今一般的にエロゲの名作と言われる作品を作るには、
行間なんて関係ないと過剰なまでに書き込むライターを用意して、
過去の他媒体の名作をできるだけパクリ、
あまりにも酷似しているのがばれたら、その段階で削除して白を切り、
某批評空間で延々と工作すればOKなのですよ。
一時的に批判にさらされても、気にする必要はありません。
地道な模倣と工作活動はやがて実を結び、
数年後には事情を知らず点数だけ見た人が名作と信じ、
元ネタも知らないから、これすげぇと褒めてくれます。
因みに、売り上げの観点からは良い原画が必要だけど、
名作と呼ばれる作品には不要です。
なまじ良い絵だといろんな価値観の人が買うので、賛否も分れやすいです。
むしろショボいくらいでふるいをかけられるくらいの方が良いし、
シナリオ重視の名目でエロ薄にして、
エロ目的の人も事前に排除することが大事です。

何度も同じ様な光景を見てきたからね。
俺が楽しめればOKという人も多いので一概に悪いとは言わないけれど、
とりあえずこれが現実なのでしょう。

私はパクリだのどうのと大騒ぎするつもりはないけれど、
見る回数が増えると、その分楽しめないよなと。
例えば、ある素晴らしい構図の風景画があるとして、
この構図は良いなと、自分も表現してみたいと思うことはあるでしょう。
でも最初の作品が油彩で、その後も油彩ばかり何度も続くと、
またかよって思ってしまいます。
水彩や彫刻や版画や、その他の異なる手法、異なる角度からのアプローチで、
モチーフの持つ魅力を引き出そうというのなら、
全く別物として楽しめるのですけどね。
だからゲームでも、同じ題材であってもジャンルが異なれば違って見えます。
でも、ゲームは小説等より工夫できる部分は多いにもかかわらず、
どれもこれもノベルでは、それこそまたかよって思ってしまいます。
ADVだっていろんな種類があるし、
ノベルだって部分的にゲーム的な工夫ができるはずですからね。
先人が油彩で挑んだのなら、俺は彫刻でやってやるぜくらいの意気込みを、
私は求めてしまうのです。

もっとも、私の考えも一つの価値観でしかないわけでして。
油彩ばかりでも良いじゃん、
俺の方が筆使いが上手いから良い作品描けるぜって人も、
またそれを見て良しと考える人もいるのでしょう。
ノベルゲーでは表現の大半がテキストですので、
ストーリー≒シナリオになることが多いです。
だから最近はプロットやストーリーを重視する意味合いで、
私はシナリオ重視だっていう人もいて、
それでややこしくなっているのですが、
元々90年代頃にシナリオ重視と言っていた人は、
文字通りシナリオ≒テキストを重視していました。
絵画でいうなら、俺はこの画家の筆使いが好きなのだと、
ゲームなら、俺はこのライターの文章が好きなのだと。
いろんな人の意見を見てきましたが、シナリオ重視の意味するところは、
今と当初の用いられ方では異なっているのです。
当初のシナリオ重視という人の話をよくみると、
プロットやストーリーは模倣で構わないから、
俺の好きな文体で読めればそれで良しって感じなんですよね。
もちろん、ライターの文章を重視するという人がいても、
それは一つの考えとして十分にありなのでしょう。
その人が薦める作品は、安心してテキストが読めましたからね。

でもね、当時のシナリオ重視と言う人は、
えてしてこのライターの文章が好きなのだから、
プロットやストーリーは他のと一緒でも構わないと。
他所の名作をパクっても、全然問題ないと考える人も多かったわけでして。
他媒体の名作をどんどん輸入して、それで良いのだという人も、
何人も見かけましたからね。
まぁそれも一つの考え方なのだろうし、
私も作品の文章が良い方が嬉しいのも確かなのだけれど、
少なくとも私がゲームに求めるものと全然違います。
またそういう人が一定数いたから、パクリ上等みたいな風潮が蔓延し、
ゼロ年代以降の市場へとつながっていったのであり、
少なくとも私はそれが良いことだとは思えないわけで。
だから個人的には、私はシナリオ重視ですと言う人を見ると、
この人はライターの文章しか見ないのかなと警戒してしまうし、
模倣を容認する人が多いことから、シナリオ重視という言葉に対し、
アレルギーのような嫌悪感を抱いてしまうのでしょうね。

<2015年のゲームなど>


楽しくない話題だけではつまらないので、最近のゲームなどの話も。

『なんでもいうこときく券』
スーパーの福引で『なんでもいうこときく券』というものが当たり、
ためしに姪に使ってみたら本当に何でも言うことをきくようになった。
何でも言うことをきいてくれる姪にHなお願いをする叔父のお話。

これは完全に動画作品なので、ゲームとは言えないのでしょう。
ちょっと操作性に難があるので、減点法ではその点で不利な作品です。
ただ、自分の好みにあっただけかもしれないけれど、
少女の表情が今まで見た中で一番好みでした。
初めて見た瞬間に、これはと思いましたからね。
1月にして、もう個人的にはベスト3Dが出たって感じすらします。

なんでもいうこときく券 dl


『痴漢の極み』
ベルゼブブさんの新作ですね。待っていたファンも多いと思います。
痴漢ゲーは好きで何本もプレイしていたのですが、
そういや最近プレイしていないように思うし、
楽しめたのって何年も前に遡らないと出てきません。
しかもノベルでなく、痴漢ゲー伝統のおさわり系で楽しめる物となると、
咄嗟には思い出せないくらい前になってしまいます。
本作は久しぶりの本格的なおさわり系作品ですし、
どうしても期待も大きくなってきます。

因みに、本作は昨日出たばかりで、本来は3000円前後なのですが、
現在は期間限定で2500円前後に割引中。
しかも、DMMだと更に割引で、現在は2000円程で購入できますので、
検討している人は早めの方が良いでしょうね。

 dl


『時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-』
3部作の完結編が発売されました。
3部作というか、一本のストーリーを3分割したものですね。
この作品、私はまだプレイしていません。
誰かの感想を聞きたいところです。

というのも、大抵の分割作品は、
最初の作品を気に入った人が後の作品も買うことが多いので、
後の作品の評判が良くなって当然なんですよね。
その褒める部分だけを信じてプレイすると、大概はハズレで、
分割されたノベルゲーに良い思い出はほとんどありません。
しかし本作のライターは西ノ宮勇希さんですからね。
既に過去に3部作で実績を残しているし、
ミッシングパーツでラストから逆算して作られたような、
見事な伏線と構成の凄さを私は経験しているんですよ。
だから他のライターなら3分割って時点でスルーでも構わないけれど、
このライターが実力を存分に発揮できたなら、
尻上がりに面白くなる凄い作品になる可能性も十分あるだろと思うわけで。
なので、個人的にはMPシリーズを知っている人の意見を知りたいのだけど、
どうなんでしょうね。

時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-


『ダーク・レルム:炎の女王』
現在プレイ中。MAD HEAD GAMESの新作であり、相変わらず面白いし、
進化も感じられますね。
ちょっと気になる部分もあったのだけれど、
全体としては海外で評判が良かったのも納得です。


<日記>


個人的には、2011年以降を独立させたリストを作れて満足。
それ以外の掲載済み作品も、随時更新予定。

ここ10年のマイベストも、下書きは完成。
掲載は、一ヶ月後くらいかな・・・
何本にするかの区切りで悩んだのだけれど、一応50本で。
平均すると一年あたり5本なのだけど、
多い年は8本もあり、逆に少ない年は3本しかなく、どうしても偏りは出ますね。
このブログで、まだ一度も名を出したことのない作品もありますし。

めぼしい作品はできるだけプレイしたと思うのだけれど、
あとは何かあるかな~
私が好みそうな作品があれば、誰でもいいから教えて欲しいですね。

関連するタグ WIN /ダウンロード /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

こんにちは、いつも楽しく読ませてもらっています。最近だとHOG系が発展してきて面白いとか、自分では手を出さないジャンルだったので参考になってありがたかったです。

さて、今回はちょっと掲載リストに乗ってない作品でオススメしたいものがあったので書き込んでみました。
http://hoppeman.sakura.ne.jp/siki/
http://hoppeman.sakura.ne.jp/siki2/s2_top.html
ADV+ACTゲームですね、ACT部分がゲームの半分くらいを占めているので、楽しめるかどうかは体験版で判断していただければ・・・・
見た目良く似てますけど、内容は結構違うと思うので両方プレイしてみて欲しいですね。一作目は序盤から中盤にかけて戦う相手を結構自由に選択できるので、剣豪小説の短篇集っぽい雰囲気があります。二作目は完全に順序固定で話が流れていくので長編でしょうか。
個人的には一作目の袖すりあったら真剣勝負でバッサリやってしまうところが好きでした。
まぁ、なにはともあれ一度お試しください、ということで。
これからもレビュー楽しみにしてますのでがんばってください。
それでは。

先日は最後のリクエスト作品もレビューして頂き、
どうもありがとうございました。

他にも何かリクエストしたいと思うのですが、
katanさんくらい本数をこなしてて、
幅広くやっている人にリクエストする作品となると、
なかなか見つからないですね~。

私も出来る限り、自分がやって面白いと感じて、
人にもオススメ出来る作品をリクエストしようと思っています。
「これはすごい!」と感じる作品が見つかれば、
是非ともkatanさんにレビュー依頼したいです。

強いてオススメを挙げるとすれば、
フリーゲームでしかもRPGになるのですが「セラフィックブルー」ですね。
フリーゲーム故に、katanさんの評価基準の範疇から外れる作品だと承知しているので、
無理強いはしませんが、あえてお願いしたいと思う作品です。

何故なら、私がフリーゲームのRPGで唯一、
商業作品の数々の名作を凌駕するレベルで大好きな作品だからです。
グラフィックに関しては、イベントCGや独自のモンスターグラフィック等有るものの、
RPGツクール2000制作のゲームなので、基本的にはスーファミの延長というレベルです。
しかし、「重厚長大なストーリー」「高難易度で歯ごたえのある戦闘」
この2点に関しては、私が今までプレイしたRPGでもトップクラスの作品です。

「1999ChristmasEve」や「月姫」を初めてプレイした時、
「アマチュア制作のゲームでこんなすごいものがあるのか!」と感動しました。
「セラフィックブルー」をクリアした時、私は、
「フリーゲームでついに質・量ともに多くの商業作品を凌駕するものが現れた!」
とものすごく興奮したのを覚えています。

フリーゲーム故に評価が難しいかもしれませんが、
感想を読んでみたい作品なので、気が向いたらお願いしたいです。

>疾風さん

> こんにちは、いつも楽しく読ませてもらっています。

こんにちは。楽しんでいただければ幸いですが、
辛口と言われることも多いので、その辺は適当に流して読んでもらえればと。

> 最近だとHOG系が発展してきて面白いとか

HOG系は発端がカジュアルゲームなので、
あと数年の内にタブレット端末向けの作品が主流になるように思います。
直観的な方向へと遊び方自体も変わってくるでしょうし、
ADV化した拡大路線は今だけの楽しみかもしれませんが、
進化を感じられるうちは楽しんでおきたいなと。
steamのインディーズADVもウォーキングシミュレーターの色彩が濃くなり、
STGとフライトシミュレーターが異なるように、
ADVと異なる方向性に進んでいるように思います。
HOGもsteam系も今はまだ楽しめていますが、
その楽しめる現状は長続きしないだろうと思いつつ、
今の限られた貴重な時間を満喫したいと個人的には思っています。


> さて、今回はちょっと掲載リストに乗ってない作品でオススメしたいものがあったので書き込んでみました。
> ADV+ACTゲームですね、ACT部分がゲームの半分くらいを占めているので、楽しめるかどうかは体験版で判断していただければ・・・・

昔のゲーム歴を見てもらえば分るように、私は本来は雑食性なのですが、
目への負担を気にして、ACT系はプレイしなくなりました。
疲労が蓄積され、翌日腫れ上がってしまうものですから。
楽しめる楽しめない以前に、その問題の方が先立ってしまうもので。
とはいえ、せっかくのオススメですし、拝見したところ面白そうなので、
まずは体験版だけでも試してみたいと思います。
紹介していただき、ありがとうございました。

>yukimuraさん

> 私も出来る限り、自分がやって面白いと感じて、
> 人にもオススメ出来る作品をリクエストしようと思っています。

結果的に、以前挙げてもらった4本とも全て名作として紹介させてもらったわけで、
また何かあると、こちらも嬉しいです。


> フリーゲームでしかもRPGになるのですが「セラフィックブルー」ですね。
> フリーゲーム故に、katanさんの評価基準の範疇から外れる作品だと承知しているので、
> 無理強いはしませんが、あえてお願いしたいと思う作品です。

フリーのRPGは守備範囲外なので、この作品も未プレイですが、
以前も名を挙げられていたのでタイトルは覚えています。
ちょっと調べただけでも、何か凄そうですね。
時間もかかりそうですし、ADVの時と違って約束はできないのですが、
もし時間に余裕ができるようだったらプレイしてみたいと思います。

かなりプレイ時間が長い作品なので、こればっかりはkatanさんにお任せします。

2004年初出の無印版と2006年にマイナーチェンジされたDC版がありますが、
個人的には無印版がオススメです。
細かな違い、その他諸々は下記のURLに詳しく書いてあります。

http://www21.atwiki.jp/seraphicblue/pages/146.html

また、下記のURLに有志の方が作成した便利なパッチがあります。
イベントスキップ、テンポ調整、システム向上等々、
プレイ時間短縮につながる便利な機能が追加されます。
今からプレイする人には、こちらのパッチを当てることをオススメします。

http://grayfield.seesaa.net/pages/user/m/index?page=1

>yukimuraさん

情報ありがとうございます。
時間が短縮できて助かります。

因みに、今はNGワード設定を解除しているので、
それでコメ欄内のURLも大丈夫ですが、
業者の宣伝が増えるとまたNGワードに設定することもありえますので、
もしURLを書いてコメントができないことがあれば、
設定を変更したと思ってください。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2582-5e2a6118
| ホームへ戻る |