『黒と黒と黒の祭壇』

『黒と黒と黒の祭壇』

『黒と黒と黒の祭壇』は2002年にWIN用として、
シーズウェアから発売されました。

シーズのオリジナルのフルプライス作品としては、これが最後になりますね。

黒と黒と黒の祭壇 dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・高慢なわがまま皇女、気丈な女騎士、けなげな侍従を徹底陵辱!
しかも、ナント展開によっては処女のまま!
魔術・邪教の儀式で神聖なものを犯す背徳感をバッチリ表現!
全CGのほぼ80%がHシーン!預言者に反逆者とされた英雄が復讐を始める。
道具もバリエーションも豊富!ダークテイストな調教陵辱!

<感想>


剣乃作品を中心として、
一時期は最大手ブランドに肉薄するところまで勢いがあったシーズウェア。
そのシーズウェアのオリジナル最後の作品は、
2003年の『地っ球の平和をま~もるためっ!!』になります。
もっともそれはミドルプライスで、しかも4分割でしたからね。
フルプライスの単独の作品となると、
前年に発売された本作が最後の作品となるのです。

もう一昔前の作品になりますし、
今更ブランド名で興味を抱く人も少ないでしょうから、
仮に今興味を持ってプレイする人がいたならば、
それはライターである朱門さんの名前から辿り着き、
シナリオ目当てでプレイするのかもしれません。
しかし当時は、無名のライターだったわけでして。
もちろんライターとしては『蜜柑』の頃から既にデビューしているし、
『蜜柑』は私も大好きな作品なのですが、
如何せん複数ライターの作品でしたので、個人の名は気にしていませんでした。
朱門さんが一人で仕上げた作品は本作が最初ですので、
本作の発売時にはライター買いする人はまずいなかったでしょう。
本作は調教ゲーとして発表されていたことから、
むしろ調教ゲー目的で購入した人の方が、
圧倒的に多かったんじゃないかなと思います。

まぁ、シーズウェアがガチの調教ゲーを出したことはなかったので、
その辺から推測すれば、本作がガチの調教ゲーにならないことも、
ある程度予想はできたし、案の定、ガチの調教ゲーではありませんでした。

というのも、調教ゲーとは言っても90年代に多かった調教SLGではなく、
ノベルゲーとしての調教ものにすぎません。
しかも途中からファンタジー世界を舞台にした、
いわゆるシナリオゲーの様相を呈してきます。
陵辱・調教の比率は高いものの、途中からそれがメインではなくなりますし、
調教という部分だけに興味を持ってプレイしたならば、
完全に期待外れとなってしまうのでしょう。
そういう意味では、やや看板に偽りありだったのかなと。

他方でシナリオゲーとして楽しめるかですが、
設定とかにこだわっているのは伝わってくるものの、
テキストだけで長々と説明し、ゲームとしての特性を活かしていないかなと。
それと、純粋なシナリオゲーではなく、
陵辱・調教に結構な分量を割いていますので、
シナリオゲーとしての深みも減ってしまったように感じました。

またグラフィックについても、ここは完全な好みの問題ですけどね。
本作の様なダークファンタジーはリアルな路線の方が好みなのですが、
本作は結構炉利な作品でして。
それで個人的には感情移入しにくかったのもありますね。

<総合>


結局、調教ゲーとしてもシナリオゲーとしても中途半端な内容であり、
個人的には凡作としておきます。
主観的には、駄作でも構わないくらいでしたし。

私にとっては完全に期待外れの作品だったものの、
炉利の抜きゲーが好きな人であり、
それいでいて抜きゲーだからと言ってエロだけで良いわけではない、
最低限のストーリー性も必要だと考える人ならば、
本作はその条件を満たした作品とは言えるのでしょう。
その観点からはおすすめできる作品かもしれませんね。

ランク:D-(凡作)

黒と黒と黒の祭壇 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2580-ad03e2ad
| ホームへ戻る |