ギャルっぽクラブ

ギャルっぽクラブ

『ギャルっぽクラブ』は1986年にPC-88用として、
マイクロキャビンから発売されました。

何とも珍妙なナンパゲームでしたが、
RPGというよりは移動式のADVとなるのでしょうか。

gyaruppo01.jpg

さて、まず注目すべきはシステム面なのでしょうが、
プレイヤーは普通のRPG(ようはウルティマっぽいもの)の如く、
マップ上を移動します。
もちろんパラメーターもありましたし、
面倒なことに移動すると体力も減っていきます。
gyaruppo02.jpg

で、普通のRPGなら敵と出くわして戦闘となるわけですが、
ギャルっぽクラブでは女の子が出てきて、
戦闘の代わりにコマンド選択によるナンパモードへと突入します。

設定上は主人公はぎゃるっぽ大学の学生で、
ナンパを成功させることで単位を取得していき、
最終的には一定の単位を集めて卒業を目指すのだそうです。

だそうです…って言わざるをえないのは、
私はこのゲームをクリアしていません。
風変わりな変わったゲームであることは確かなので、
一応扱うべきだろうなと思って取り上げたわけですが、
どうにも難しくってね。

まぁ一応は『TOKYOナンパストリート』とかの流れをくむ作品ですので、
こういうナンパゲームの類が好きならば、
基本的には楽しめるのでしょう。

私はナンパストリートは好きでしたし、
ギャルっぽクラブも他にはないという点では新鮮さがあり、
普通には楽しめたんですけどね。
元は取れたと思うので佳作とはしておきますが、
クリアに至るまで集中力が持ちませんでした。
クリアした人は素直に凄いと思います。

バランスに難があったのも確かですが、
ユニークなゲームではあったわけで、
いつか時間があれば腰を据えて再トライしてみたい、
そんな作品のうちの1本と言えるでしょうね。

ランク:C(佳作)

関連するタグ PC88 /ADV /移動式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1986」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/257-c4ea1434
| ホームへ戻る |