『少女の道草 放課後『裏』事情』

『少女の道草 放課後『裏』事情』

『少女の道草 放課後『裏』事情』は2007年にWIN用として、
Sageから発売されました。

悠路さんの描くキャラが最高でしたね。

少女の道草~放課後『裏』事情

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
選択肢は2択で、数も少ないので攻略も容易です。
因みに、「選択肢(数字)」と記載される選択肢が分岐ポイントになっていて、
ここで下の選択肢を選ぶとバッドENDに進みます。
従って、常に上の選択肢を選べばハッピーENDとなります。

商品紹介・・・大人しくまじめな女の子、芳山瀬名。
主人公の深町一青はそんな彼女にほのかな恋心を抱いていた。
しかし、最近不穏な噂が学園内で流れていた。
それは愛しの芳山が『誰とでもSEXをする』というものであった。
嘘か誠か…、真実は分からないまま、
深町はひょんな事から芳山と学園祭の準備をすることになる…
・『その噂』は本当なのか?
・深町の恋は成就するのか?
そして最後に待ち受ける衝撃のクライマックス!
それは、このゲームをプレイしたあなた自身が体験してください。

<感想>


悠路さんの描くキャラ。
それが全てなんだと思います。
原画は非常に良いのに、いまいち作品に恵まれないケースというのが、
これまでにも幾つもありまして。
個人的なゼロ年代後半の代表例が、悠路さんだったりします。

今の絵も可愛くて良いのですが、
最近の作品は塗りが変わってしまいましたからね。
どことなくノスタルジックな雰囲気を漂わせる、
この「少女の道草シリーズ」時代の絵の方が個人的には好きです。

本作に関しても、サンプルの絵を見て、
芳山瀬名に惹かれたか否かが全てなのでしょう。
彼女と一緒にする学園祭の準備は、いかにも青春って感じで、
絵の魅力と相まって、とても雰囲気が良かったです。

従って途中まではストーリーも非常に楽しめるものの、
肝心の部分がハッキリしない感じですので、
終わってみるとやや消化不良気味だったり。

バッドルートでは噂を確認しようとしたら、
「本当よ」と言ってスカートをたくし上げたりするわけで、
そういうシーンは本当に最高なんですけどね。
いかにも清純派って感じの少女が、
見知らぬ男を相手に乱れているシーンを目撃するのも、
非常に興奮してきますし。
ただ、誰とでも寝るという噂というわりにはシーン数が非常に少ないわけで、
低価格の同人故にボリュームに難があるのは仕方ないとしても、
満足しきったというには少し足りなく感じてしまいます。

総じて、ヒロインに凄く惹かれた人はそれなりに満足できるけど、
そうでない人は満足できない可能性が高いですね。

個人的には、とにかくグラフィックが非常に好みであり、
それで十分元が取れたと思うので佳作としておきます。
できれば、この絵で大作をプレイしてみたいものですね。

ランク:C(佳作)

少女の道草~放課後『裏』事情

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2561-a47a81ce
| ホームへ戻る |