『牝猫秘書室』

『牝猫秘書室』

『牝猫秘書室』は1995年にPC98用として、
Melodyから発売されました。

メロディのデビュー作となるノベルゲーになります。

mesunekohi01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
厳密には潜入した会社内の移動先を選択するのですが、
女性のいる場所は大体固定されていますので、
実質的に会いたいヒロインを選ぶタイプの作品と同じです。
会話場面はクリックだけで進行し、
たまに出てくる選択肢を選ぶことになります。

ストーリーとしては、ミステリーものになります。
主人公はヘッドハンティングを生業としているのですが、
今度の仕事は少し特殊とのこと。
先にヘッドハンティングを試みた女性が行方不明になったことから、
ヘッドハンティングを兼ねつつ、女性の行方を捜すため、
目的の会社にセクハラ調査員として潜入することになります。

<感想>


ストーリーそのものは普通って感じなのですが、
最初から目的がハッキリしていますし、
日々の捜査が終わると、その時点で判明している人間関係が整理されますし、
エロも頻繁に間を空けることなく入ってきますからね。
メリハリがあって、テンポ良く楽しめた作品でした。

テンポ良く楽しめたというのにはシステム面も絡んでいて、
本作はノベルゲーなのでコマンドの繰り返しのようなものはないのです。
何度も書いているけれど、
昔のゲームはコマンド総当たりでウザイとか偏見を抱いている人がいるならば、
少しマイナー作をあたった方が良いと思います。
マイナー作の方が、サクサク進むノベルゲーとかあったりしますから。

まぁ、本作の場合はマルチエンドですし、
全部のCGを見ようとすると結構厄介ではあったのですけどね。
ノベルゲーでも選択肢次第で全クリが面倒な作品ってありますし、
本作もその類と言えるのかなと。

本作の一番の特徴となると、やっぱりグラフィックなのかなと。
まず形式的な部分から言いますと、本作には枠がありません。
これまた98時代の特徴でもあるのですが、
有名作とかは画面が枠で覆われていてCGが小さいのが多いのに対し、
マイナーな作品だと今のように画面全体にCGが表示されているものが多いのです。

原画については、最初は良いとは思わなかったし、
今でも好みの絵柄とは異なるのですけどね。
何か妙なエロさがあったよなと。
ヒロインらがOLであるとか、社長夫人であるとか、
皆大人の女性なんですよね。
少女でもないけれど、熟れきった熟女でもない、
女ざかりの大人の女性ってアダルトゲームでは慢性的に不足していますので、
様々なタイプのOLが揃っている本作は貴重です。
また、社長夫人なんかは完全に熟女なのですが、
何て言うのかな、今の熟女もののヒロインのようにムチムチした感じではなく、
もう完全に熟れきって既に萎びたオバサンって感じなのだけれど、
それだけに逆に魔性の魅力みたいなのがあって、
蛇に睨まれた蛙と言いますか、
そんなオバサンに搾り取られるようにフェラをされたりすると、
何かこれまでとは違った良さに目覚めてしまうような気がするわけで。
いかん、このままではババ専になってしまうと、
次にプレイするゲームは炉利ゲーにしようと思ったりも。
良いとは思わないのに、何だか味わいのあるスルメ絵でしたね。

<総合>


メロディの作品は何本か名作扱いしているものの、
極端に高い評価をした作品はないと思います。
でもそれは私の基準とずれる部分があるからであって、
結構好きな作品も多いですし、
メロディの作品って通好みって感じがするんですよね。
偏見ではありますが、メロディの作品を制覇してますって人を見ると、
あぁこの人分ってるなって思ってしまいそうですし。

そういう雰囲気というのは、処女作である本作からも感じるわけで、
まだ多数派でなかったノベルゲーであり、かつ大人のヒロインを揃えた本作は、
他とは被らないタイプの作品だったと思いますし、
メロディ作品のファンならばプレイして損のない作品だと思いますね。

ランク:C(佳作)

牝猫秘書室

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2560-699788a9
| ホームへ戻る |