『強姦獣 ~狙われた11.1学生~』

『強姦獣 ~狙われた11.1学生~』

『強姦獣 ~狙われた11.1学生~』は2007年にWIN用として、
ベェーカリィーから発売されました。

タイトルも含めて、良い意味で同人らしい作品でしたね。

強姦獣 ~狙われた11.1学生~

<概要>


商品紹介・・・獣になって少女達を狩れ! 獣姦シミュレーションゲーム。
舞台になる街を探索、道端でターゲットを見つけたら追跡、
隙を見つけて奇襲、戦闘勝利後には強制交尾!
あらゆる手段を使いターゲットに迫れ
『追跡・接近・演技』獣特有の追跡システム。
敵の思考を読んで有効な攻撃手段を選択
『攻撃・反撃・追撃』先読み戦闘システム。
ヤればヤる程強くなる、様々な手段で抵抗する少女達を倒せ。
倒した後は、少女が泣き叫ぼうが、
がっちり押さえて精子を割れ目から子宮に流し込む。
種を付けたい獣が外出しをする筈は無く、全シーン中出し。
結合部が見えないCGも、別カットや内部カットで、その瞬間を表示。
Hシーン毎に変化する獣により、異種姦バリエーション多彩。
獣、虫、爬虫類に蹂躙される少女達。
中には自分の膣から流れ出る精液を見ても、
何をされたか分からない小さな女の子も……。

<感想>


SLGとあるのだけれど、これじゃちょっと誤解を生みかねないかな。
本作はマップ上から移動場所を選択し、行った先に女の子がいれば尾行して、
RPG風のコマンド選択式のバトルに勝てば、
その女の子を自由にすることができます。
従って、戦闘要素のあるADVであるとか、
ADV+RPGとして捉えた方がしっくりくるように思います。

同人作品の多くに言えることですが、
本作もまた、属性等がマッチすればはまれる一方で、
興味がなければ全く楽しめない作品と言えるのでしょう。

上記のように、本作では女の子を確保するために、
探索・追跡・戦闘があります。
これらはシンプルなシステムなのだけれど、難易度はかなり高いのです。
ノベルゲーは飽きたよ、でも最近のCSとかの複雑な操作は面倒、
昔ながらのシンプルなシステムで、それでいてやり応えは欲しい・・・
って人もいると思います。
そんな人ほど、楽しめる作品と言えるでしょう。

他には、対象となるヒロインが炉利ばっかりですし、
Hシーンは獣姦なので、それらの属性を好む人ほど楽しめるのでしょう。

<総合>


個人的には難易度が高いのは構わないのだけれど、
シンプルすぎて少し単調に感じてしまい、
それで途中までは楽しかったものの、もう一つ盛り上がれなかった感じですね。

ただ、炉利+獣姦+ゲーム性を満たした作品となると、
探してもなかなか見つからないでしょうし、
それだけにかなりはまれる人もいるだろうなと思った作品でした。

ランク:B-(良作)

強姦獣 ~狙われた11.1学生~

関連するタグ WIN /ADV /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2539-9a634759
| ホームへ戻る |