『モナリザカルトガーデン』

『モナリザカルトガーデン』

『モナリザカルトガーデン』は2009年にWIN用として、
雫組から発売されました。

とにかく「動き」の優れた作品でしたね。

モナリザカルトガーデン

<概要>


ゲームジャンルはインタラクティブムービーになります。

■ストーリー■
デザイン部創設者のチビ部長は、
俺の男心をつついて狼狽する様を観察するのがなによりの楽しみらしい。
後輩の鷺ノ宮さんは、そのナイスなスタイルを利用したコスプレに
熱を上げてるようだが、
最近はその火の粉が俺や部長にまで降りかかろうとしている。
まあ、少々の居心地が悪いときもあるが、女子2人に振り回される自分は、
実は勝ち組なんじゃないだろうか…?

■特徴■
滑らかで自然な質感を追求したフル3Dアニメーションノベル。
250カットを超えるボリューム、ディテールが生む濃厚エッチパート。
柔らかな肉感表現を追求した、シェーダー&ソフトボディモーション。
ズーム・マルチアングル・体位変更など
シーンに応じて様々な動画切り替えが可能。
チャプターメニューから見たいシーン全て閲覧可能。

<感想>


ゲームというよりムービー集のようなものだし、
ボリュームも少ないし、それに伴いシナリオもあってないようなものなので、
欠点も非常に多い作品なんですけどね。

ただ一点だけ、ずば抜けて凄かったのが、
3Dムービーによるキャラの動きでした。

これはまぁ、やってみないと良さが分りにくいのだけれど、
ぬるぬる動くだけでも十分に凄いのですが、
見せ方とかも非常に良くってね。
他のアダルトゲームとは全然違うような印象を与えてくるのですよ。

<総合>


演出面だけで元が取れてしまう作品なので、
ほとんどの人が価格分の満足は最低でも得られると思います。

ただ上記のように欠点も多いですし、
動きは凄いけどキャラはあまり可愛くないですしね。
そのため個人的には佳作としておきます。

本作をプレイしていると、エロゲもこれだけ動けばな~って思ってしまいます。
近い将来に、こういう作品が普通にプレイできるのかなと期待もしたけれど、
中々現実は難しいようでして。
本作並の動きを持ったフルプライスのアダルトゲームが、
早く普及して欲しいものですね。

ランク:C(佳作)

モナリザカルトガーデン

関連するタグ WIN /ADV /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2528-1923c057
| ホームへ戻る |