『ジェラシー』

『ジェラシー』

『ジェラシー』は1995年にPC98用として、
インターハートから発売されました。

インターハートにしては非常に稀な、ストーリー性の高い作品であり、
加えて貴重なホスト体験ゲームでもありました。

jera02.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

大雑把なあらすじとしては、主人公は冒頭でヤクザと事故ってしまったことから、
借金返済のためにホストクラブで働かせられることになってしまいます。
その後、連続レイプ殺人事件が発生し、
主人公もそこに巻き込まれていくことになります。

<ストーリー>


主人公はホストとして働くことになりますので、
最初はホストのいろはを教わることから始まります。
例えばレストランを舞台にした作品だと、
営業中の店の描写がなされますが、
本作は「ホスト体験」ADVと説明されているように、
ホストの仕事の様子が描かれるわけですね。
自分はホストの世界はよく分らないのだけれど、
少なくともこういう雰囲気を味わえるだけでも貴重であり、
オンリーワンな作品でしたね。

まぁ仮に今作られるとしたら、きっと女性向けでしょうからね。
そうなるとイケメンたちが少女をおもてなしするような、
キラキラした華やかな作品になるのかなと。
本作はもちろん18禁の男性向けアダルトゲームで、
ホストで働くことにもヤクザが絡んでいますし、
キラキラした世界というよりも、もっときな臭い雰囲気なわけでして。
ある意味アングラな存在だった当時のアダルトゲームっぽくはあるのだけれど、
こうした雰囲気・世界観の作品は今は存在しませんし、
また今後出てくるとも思えませんので、
その点でもオンリーワン的な魅力は損なわれないのかなと。

さて、ホスト体験ADVと紹介され、
作ったのがインターハートですからね。
本作より前の実績からすると、本当にホストを体験して終わりってことも、
十分に予想されるわけでして。
実際、過去作で性風俗体験と言って、
本当にそれだけを描いた作品もありましたから。
だから良い意味で裏切られたと言えるのでしょうが、
作中では連続レイプ殺人事件が発生します。
ここからは陰鬱なミステリーとなっていくわけですね。
鬱なおもっ苦しい雰囲気のミステリーってのも、
この当時のPC98ゲーらしくはあるのだけれど、
こうしたストーリー重視な作品はインターハートでは異例中の異例かと。

そもそもインターハートって中身の伴わない作品も多くて、
毎回のように不満を抱くのですが、それでも妙に欲しくなる作品も多くてね。
何だかんだで好きな気になるブランドだったんですね。
でも、興味を抱く理由はゲームシステムだったり、
美麗なグラフィックだったりするので、
このブランドにストーリーを求めることはなかったのです。
そんなゲームシステムとエロがうりのブランドで、
例外的にストーリー重視の作品が出てきたわけですから、
これには驚かされたものです。
ミステリー単体としては、それだけで名作と呼べる程ではないかもですが、
ホストものという側面が加わることで、無二の存在感を持った作品になりました。

尚、本作の世間での知名度が低いのは、作品の内容が悪いからではなく、
まずはブランドの知名度の問題があるのでしょう。
インターハートて時点で、ストーリーだけを求める人はスルーするでしょうし。
それと、当時だってユーザーの多くは若かったのでしょうが、
ラノベや漫画っぽさから無縁な、完全にアダルト志向の本作は、
当時の若いユーザーには受けにくかったということもあるかもしれません。

<ゲームデザイン・グラフィック>


ホストの仕事をする場面では、どの仕事をするかを選ぶことになるので、
そこではコマンドっぽい物も登場しますが、
基本的にはクリックで読み進めつつ、
たまに選択肢を選ぶノベルゲーと考えて良いでしょう。
jera01.jpg

だからコマンド選択式ADVよりはサクサク進行できるはずなのだけれど、
何か操作性は悪かったかな。
妙に重いと言うか・・・
この辺は当時のインターハートの弱点でもあったのでしょう。

グラフィック面では、エロシーンがアニメーションでしたので、
ストーリー重視でありつつも、エロも十分濃かったです。

<感想・総合>


今だったら陰鬱なミステリーものってだけで貴重なのだけれど、
当時はわりと多かったですからね。
Hシーンのアニメがあったとしても操作性の難と相殺され、
これだけだったら当時では、あまり印象に残らない可能性もあります。
しかし、そこにホストの世界の体験という要素が融合することで、
唯一無二の作品に仕上がったわけでして。
特にストーリーに限ってみるならば、
同ブランドの中でも一番優れていた作品ではないでしょうか。

上記のように、たぶん同じ題材で他所が今作っても、
全然異なる方向性になるでしょうからね。
本作の様な作品はもう出ないかと思うと、
何だか無性に懐かしくなってしまいますね。

ランク:B(良作)

PC98版
ジェラシー

WIN版
Win3.1 CDソフトjealousy

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2522-e3bb89ad
| ホームへ戻る |