『カノジョのお母さんは好きですか? ~クールな人妻社長を籠絡せよ!~』

『カノジョのお母さんは好きですか? ~クールな人妻社長を籠絡せよ!~』

『カノジョのお母さんは好きですか? ~クールな人妻社長を籠絡せよ!~』は、
2014年にWIN用として、平安亭から発売されました。

自分の彼女の母親を寝取るNTL系作品になります。
クールな女性が墜ちていく姿は最高ですね。

カノジョのお母さんは好きですか dl

<概要>


ゲームジャンルはノベル系のADVになります。

大雑把に言えば二つのルートがあるのですが、
選択肢で母親寄りのものを選び続ける、
或いは彼女寄りもものを選び続けるの両方をやることでCG欄は埋まります。

また、回想欄からHシーンをヒロイン視点で楽しむことができます。
今作は後述するように実質的に母親が主人公の様なものであり、
ヒロイン視点が非常に活きているように思います。

あらすじ・・・かつてピアニストになる事を夢見ていた『青柳 佳乃』
現在は自ら会社を経営しつつ、大学教授の優しい夫と
ピアノの才能に恵まれた一人娘の『青柳 都』と
何不自由なく幸せな家庭を築いていた。
自らが叶えられなかったピアニストへの夢を娘に託していた佳乃だったが……。
一人娘の都は、最近ではピアノよりも彼氏に夢中になってしまっていた。
このままでは娘が駄目になってしまう。
危機感を抱いた佳乃が行動に出た時から――
物語は動き出す。
彼女の母親を虜にするのか……
彼女の母親との肉欲に溺れてしまうのか……
どうなるのかは行動次第!
人妻社長との愛欲の駆け引きアドベンチャーです。
回想シーンではヒロイン視点もあります!

<グラフィック>


平安亭は人妻ものが専門のサークルであり、
今回は気位の高い女性社長がヒロインになります。
個人的に過去作では『P☆A会長は好きですか?』が好きなのだけれど、
そういうPTAの会長であるとか、本作の会社社長のように、
一見すると色気のなさそうなタイプの人妻ものって、
他所ではあまり見かけないタイプだけに、
ヒロインの設定の時点で既に貴重なわけでして。
個人的には、この設定だけでワクワクしてきます。

キャラデザに関しては、今回は少し目が横長すぎるので、
その点が少し気になりましたかね。
それでも全体では満足できましたので、
この点が気にならないという人であれば、
グラフィック全般の満足度は更に高くなるように思います。

個人的には過去作では立ち絵は好きだけど、
一枚絵で崩れすぎて萎えるケースもありましたが、
今作ではそういうこともなかったですしね。

また2000円という定価に対し基本CGは30枚と多めになっていますので、
客観的な分量の面でも十分すぎるでしょう。

<ストーリー>


タイトルで内容は大体分ると思いますが、
主人公には彼女がいて、その彼女の母親との関係が中心になります。
大雑把なジャンルとしては寝取り(NTL)となるのでしょうが、
一般的な寝取りものとしては、どうなのかなと。
優れた寝取りゲーって、
寝取る側の主人公の個性が際立っているケースが多いと思うのですよ。
そういう点では、本作の主人公は非常に個性が薄く、
また態度がハッキリしないこともあって、寝取りらしさが感じられないのです。
ヒロインである母親の佳乃も、激しく抵抗することもなく、
背徳感の感じられる展開はありません。
主人公のことが気になって留学を渋る娘のために、
むしろ佳乃の方から積極的に主人公に仕掛けますからね。
旦那の前でHをしたり、娘の前でHをしたりと、
個々のシーンではNTL好きを満足させるシーンはあるのですが、
旦那や娘が有効に利用されているとも言えず、
寝取りものとしては、あまり楽しめないように思います。

もっとも、ヒロインである佳乃の存在感は抜群なわけでして。
娘を心配する母親であり、クールな会社社長でもあり、
そんな彼女が最初は主人公に言うことをきかせようと誘惑しつつも、
次第に肉欲に溺れていく光景は非常に良かったです。
これは寝取りものだと思い込んでプレイすると楽しみ損なう可能性もありますが、
本作はクールで気位の高い女性が、
少しずつ肉欲に溺れていく物語なのだと捉えることができたならば、
十分に楽しめるでしょう。

<感想・総合>


少し気になった部分はあるものの、
設定が好みということもあり、主観的にはかなり満足できました。
総合でも十分に良作と言えるでしょう。
まぁ名作と言うには、もう一つ何かインパクトが欲しかったですけれど。

人妻ものを作るブランドやサークルは他にもありますが、
本作の様な路線は意外と少ないので、
自分の中ではオンリーワンなサークルになりつつあります。
だから期待度も毎回上がっていくのですが、
それ以上に作品の出来も作品ごとに上昇していますからね。
本作の満足度もさることながら、
こういう成長中のところの次回作は更に期待したくなりますね。

ランク:B(良作)

カノジョのお母さんは好きですか dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2503-521f5d6e
| ホームへ戻る |