『スクールフェスティバル ~秋桜祭奇譚~』

『スクールフェスティバル ~秋桜祭奇譚~』

『スクールフェスティバル ~秋桜祭奇譚~』は1995年にPC98用として、
アンジェから発売されました。

複数の人物を組み合わせて進行させるシステムが、特徴的な作品でしたね。

スクールフェスティバル

<概要>


ゲームジャンルは、ちょっと特殊なので詳細は後述しますが、
一応はコマンド選択式ADVとしておきます。

ストーリーは、学園サスペンスものとなるのでしょうか。
主人公は高校の教師であり、問題児を集めた風紀委員の顧問もしています。
物語は文化祭前日に校長から、
文化祭の中止を伝えられたところから始まりまります。
理由を聞くと、過去の文化祭で不純異性交遊、売春などがあり、
風紀が乱れたからとのこと。
主人公は何とか文化祭の開催を認めてもらったものの、
条件として風紀委員の生徒らと風紀が乱れないよう見回りをしつつ、
自身の首をかけて過去の事件の真相を追うことになります。

<ストーリー・キャラ>


内容的には、真相を探るというサスペンス要素がありつつ、
風紀委員の女の子らが主人公に惚れてきますので、
ハーレムものっぽい雰囲気も有した学園ものってところですね。

ストーリーが特別秀でているってこともないのだけれど、
個々のキャラは個性がハッキリしていましたので、
会話とか読んでいるだけで楽しかったですね。

<ゲームデザイン>


さて、本作の一番の特徴とも言えるのがゲームシステムなのですが、
画像を見ると分かりやすいですかね。
画面右に、その場にいる全てのキャラの顔が表示され、
その顔をクリックすると、そのキャラが話し始めます。
流れとしては、そのキャラの顔を順番にクリックする感じですね。

これにより劇的に何か面白くなるというものでもないのだけれど、
そもそもADVの本質って対話にあると思うのですよ。
元々プレイヤーが何か入力すると、
それに対し返事が返ってくるのが最初期のADVだったわけで、
そのプレイヤーとコンピューターとの、
言葉のキャッチボールこそがADVなのでしょう。
それが次第に簡略化されていき、自動で対話が流れていくのが、
今のノベルゲームであるとも言えるでしょうし。
本作は、ノベルゲーのようにクリックだけでサクサク進行するのだけれど、
話す相手をプレイヤーに指定させることで、
ADVは対話なのだよという本質部分も再認識させたと。
そういう意味では、良いとこ取りを狙ったと言えるかもしれません。
実際のプレイ感覚としても、ノベルゲーほどサクサク進むこともないけれど、
顔を順にクリックすれば良いだけですので、
普通のコマンド選択式ADVよりはサクサク進むわけでして。
その観点からも、コマンド選択式とノベルゲーという、
両者の中間的な存在と言えるのでしょう。

本作には、もう一つ特徴がありまして。
むしろ、こっちこそが一番の特徴であり重要な点になりますね。
例えば見回りに行く場合、誰と誰を行かせるかを決めます。
キャラの組み合わせによって会話に変化が生じますし、
問題の対応も上手くいったり、逆に失敗したりします。

ここが良ければ、名作扱いもあったんでしょうけどね。
このキャラとこのキャラを組み合わせればこんな反応になるのかと、
そういうテキスト的な楽しみはあったのだけれど、
失敗した時とかのペナルティとかがなかったわけでして。
だからゲーム性という観点からは、あまり機能していなかったのです。

<感想・総合>


最後まで悩んだんですけどね。
ゲームシステムの練り込みは甘いことから、
完成度は高いとは言えないですし。
ただ他の作品とは被らないオンリーワンな作品でありますし、
キャラ同士の会話とか楽しかったですからね。
なので、ギリギリ良作としておきます。

ADVの見せ方というのも、創意工夫次第で幾つもありうるわけでして。
90年代前半から本作辺りまでのアンジェは、
同じADVというジャンルの中であっても、細かい部分での差異を設け、
毎回異なるシステム・構造のADVを作り出し、
ADVの可能性に挑んでいたブランドでした。
その全てが上手くいっていたとは言えないのですが、
それでも本作はもちろんのこと、他のアンジェの作品も一緒にプレイすることで、
ADVも奥が深いのだなと実感できるように思いますね。

ランク:B-(良作)

スクールフェスティバル 3.5インチソフト

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2493-3f34e77b
| ホームへ戻る |