『星織ユメミライ』

『星織ユメミライ』

『星織ユメミライ』は2014年にWIN用として、
tone work’sから発売されました。

アフターストーリーの長さが特徴的な作品でした。

星織ユメミライ

<概要>


ジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・あなたは、季節外れの転校生。
数年ぶりに帰ってきた故郷・汐凪市で待っていたのは、
立った一人の天文部員と、まじかに迫った七夕祭り。
幼なじみとの再会や、新たなクラスメイトとの出会いを経験しつつ、
「学校生活をもっと楽しく!」するために、
彼女たちと『行事運営委員会』の一員として、賑やかな日々を送ることに。
そんな中、ふと気付くのは、彼女たちの抱えるささやかな夢。
その夢に寄り添ううち、あなたに芽生えるのは、ある願望。
彼女たちと、恋人同士になりたい。そしていつまでもずっと一緒にいたい。
ある夏の日から始まる、未来への恋の物語。

<感想>


特徴としては、ヒロインと結ばれた後の話、
いわゆるアフターストーリーが長いことが挙げられます。
結ばれて終わりっていうだけではなく、
主人公とヒロインの数年後の姿が見てみたい、
そしてそこにある程度の分量を求めるというのであれば、
満足度は高まるでしょうね。

また、全体のボリュームも多めですので、
コスパを重視する人にも向いているのでしょう。
致命的な欠点もないですし、嫌われる要素も少ないと思うので、
初心者向けと言われやすい作品だと思います。

まぁ、誰がやっても普通に楽しい作品だと思うのですけどね。
私は唯々月たすくさんの絵が好きで興味を持ったわけですが、
グラフィックは全般に満足できるものの、
原画陣の代表作と呼べるほどに特別に秀でているかというと、
必ずしもそうでもないのかなと。

またボリュームが多いわりにストーリー性も濃くないですし、
ストーリーを重視すると、物足りなく感じてしまいます。
どちらかと言うと、ヒロインとのイチャラブを楽しむ作品なのでしょうが、
イチャラブ系は能動的に動ける作品の方が、個人的には楽しいですからね。
中途半端にシナリオにも欲を見せつつ、
能動的に動ける構造を有していない本作の場合、
イチャラブとしても、もうひと押し足りないのかなと。
全体的に帯に短し襷に長しというのか、中途半端な印象を受けました。

<総合>


全体的に欠点の少ないまとまった恋愛ものですので、
初心者向けとしては良い作品だと思います。
特に、上記のようにアフターストーリーを重視する人ほど、
本作の満足度は高くなるのでしょう。

他方で、グラフィックにしろストーリーにしろイチャラブにしろ、
ボリュームが多いわりにはインパクトに欠けている作品でもあり、
プレイ中は楽しいものの、クリア後はすぐに忘れてしまいそうな、
印象の薄い作品でもありました。

ランク:C(佳作)

AMAZON
星織ユメミライ

駿河屋
星織ユメミライ

関連するタグ 


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2489-e416ca9e
| ホームへ戻る |