『少女』

『少女』

『少女』は1998年にWIN用として、
きゅろっとから発売されました。

「ろりレベル」の判定が話題になった、きゅろっとの最後の作品でしたね。

少女

<感想>


主人公は義理の妹と、その友達の家庭教師となり、
その少女らに手を出していくとう内容のADVです。

シンプルすぎるタイトルからも分るように、
ヒロインは皆、炉利なキャラです。

内容は普通に楽しめるって感じのものなのだけれど、
何より一番の特徴は導入部分なのでしょうね。
本作は最初に「ろりレベル」の判定があり、
このレベルが高いほど見られるCGも増えました。

まぁ、結局高いレベルでないとプレイする気にならないので、
あまりゲーム的には意味がないかもしれませんが、
初プレイ時は楽しいですよね。
お前のろりレベルは幾つだって出されるわけですから。
こういう試み自体は良いと思います。

<総合>


きゅろっとは炉利専門のブランドで、
デビュー作だった『Oh! きつねさま』は話題性も評判も良く、
次の『Making Candy』も凄く良い出来だったんですけどね。
それらと比べると、少しトーンダウンした感は否めないのかな。
何より、タイトルからして意欲が感じられないし。
まぁネタにもなるし、エロゲ仲間のいる人は盛り上がれたでしょうから、
今作も話題性自体はあったと思うし、出来も悪い作品ではないんですけどね。

『夢のクレヨン王国』(1997~1999)
『カードキャプターさくら』(1998~2000)
『おジャ魔女どれみ』(1999~2003)・・・と、
1999年のアニメは炉利歓喜の年と思っていますが、
これらを中高生として見ていた層がエロゲデビューするのは、
当然もう少し先になりますからね。
本作を含め、きゅろっと作品は本格的な炉利ブームより前なわけで、
3作で終わるのは勿体ないというか、
もう少し待てば時代が後押ししたんじゃないかなと、
ン・パカ ン・パカ~と口ずさみながら思ったものでした。

ランク:C(佳作)

少女

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1998」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2484-0b343b84
| ホームへ戻る |