舞夢

舞夢

『舞夢』は1995年にPC-98用として、
スタジオトゥインクルから発売されました。

95年を代表するアダルトRPGの1つですね。

ゲームジャンル:ダンジョンRPG

maimu01.jpg

舞夢というと最近はWIN用の似たような名のゲームも出てたりしますが、
個人的にはやっぱりこっちになるのかなと。

98時代を知らない人には知名度は低いかと思いますが、
当時は名作RPGとして結構有名な作品だったかと思います。

ジャンルは、ダンジョン系のRPGになります。
システム的にはいたって普通で、
それなりには遊べるけれどこれといって目立った要素もない感じでした。

ストーリーもそれ単体では普通って感じで、
特に秀でたものでもなかったのかなと。

ただ設定面では、
世界自体が一つのダンジョンみたいになっているのは珍しく、
ダンジョンがたまらなく好きな人は好みそうな世界観でしたね。
他にもいろいろと他のRPGとは毛色が違う感じがして、
意外と印象に残りやすい作品かと思います。
そういうのもひっくるめれば、ストーリーは良かったように思いますね。

ここまでだと良作になりこそすれ、
巷で何で名作と呼ばれていたかは分からないでしょう。
端的に言えば、本作はその他の部分、
即ちグラフィックとサウンドが優れていたのです。

原画は林家志弦さん。
当時は熱烈なファンも多かったでしょう。
システムに差がないならキャラが可愛い方が楽しいですからね。
林家さんのキャラがいるってだけでも大きなアドバンテージでしたし、
画質面も良かったと思います。
そこに優れたサウンドもついてくるので、
とにかく雰囲気が良かったのです。
maimu02.jpg

欠点らしき欠点がなく、それでいて長所がハッキリしていますからね。
これが名作と呼ばれるのも分かる気がします。
ただ、これが林家さんの代表作かと聞かれるとそうでもないわけで、
長所とは言え名作と呼べるほどに突出した要素でもないなって感じでした。
それと当時は比較的アダルトゲームのRPGも多かったので、
本作にあまりありがたみを感じられませんでした。
ですので、個人的には名作に近い良作止まりなのかなと。

とは言うものの、絵や音の印象は強いですからね。
プレイ時よりも何年も経ってからの方が、
そういやあんなのあったよな~って感じで、
ふと懐かしくなれる作品でもありましたね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 舞夢

関連するタグ PC98 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/248-1f26d82f
| ホームへ戻る |