『ファンシープロムナード』

『ファンシープロムナード』

『ファンシープロムナード』は1987年にPC88用として、
SOFTFORUMから発売されました。

当時の同人ゲームの中では、非常に秀逸な作品でしたね。

fancypromenade.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド入力式のADVになります。

ストーリーは、百合が丘女子高等学校の生徒会長に恋をした主人公が、
彼女と結ばれるために学校へ乗り込むというものでした。

<感想>


内容自体は、学校に乗り込んで情報収集し、
その過程で出会った女性からいろいろ聞き出すのですが、
中には口の堅い子もいますからね。
そんな時は犯して口を割らせるわけで、
恋愛系のようでもあり陵辱系でもあるような作風ですね。

今は逆にこういう雰囲気の作品は少ないように思いますが、
当時は『天使たちの午後』を始めとして、
比較的多かったタイプと言えるでしょうか。

マクロな視点からは特に目立った部分はないのですが、
本作の場合は細かい部分が良く出来ていたのかなと。

まず本作はコマンド入力式のADVなのですが、
ローマ字仮名変換に対応していたので親切でしたし、
ENDも複数あるマルチエンドの作品でした。
この辺は、同時期の商業作品より優れているとも言えたでしょう。
また、キャラも商業の同時期のアダルトゲームのキャラと比べても、
むしろ可愛いくらいであり、非常に良かったように思います。

<総合>


同人のアダルトゲームは知っている中では既に84年からあるのだけれど、
私は元々同人ゲーに関する興味は高い方ではないので、
縁があった作品だけ知っているといった感じでもあります。

ただ、いつの時代もそうなのだけれど、
同人ゲーは何かしら強烈な魅力は持っていても、
総合力では商業作品に劣るのが常と言えるのでしょう。

80年代のアダルトゲームを知らない人が、
どういうイメージを抱くか分かりませんが、
たぶんショボイものばかりという風に考えている人も多いと思います。
実際に商業作品であっても、
ミニゲームをしてCGを見て終わりなんてのも幾つもあります。

そんな中で本作は、一本のADVとして優れており、
総合力や完成度という面で同時期の商業エロゲの平均を超えています。
まぁ、完成度より独自性を求めるのが私のスタンスですので、
キャラが可愛いので満足はしつつも、
本来は好きなタイプの作品ではないのですけどね。
私の基準や好みと関係なしに一般的に考えるならば、
この当時の同人ゲームの代表格と言える作品ではないでしょうか。

ランク:B(良作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1987」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2469-120c7b1b
| ホームへ戻る |