『人妻コスプレ喫茶2』

『人妻コスプレ喫茶2』

『人妻コスプレ喫茶2』は2006年にWIN用として、
アトリエかぐやから発売されました。

人妻コスプレ喫茶シリーズ第2弾になります。

人妻コスプレ喫茶2

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・『喫茶サクライ』を経営する未亡人・櫻井桜子は
『オーシャンランド』が提案した商店街再開発計画に反対を表明。
『オーシャンランド』からの計画取り止め条件は
「この夏が終わるまでに『喫茶サクライ』が
『オーシャンランド』内のカフェの集客数を上回ること」。
その条件をクリアするべく『コスプレ喫茶サクライ』をオープンすることに!

<感想>


アトリエかぐやの、人妻に特化したシリーズの2作目ですね。
前作とは繋がっていないので、本作からのプレイで大丈夫です。

タイトルにあるように人妻ヒロインが何人も登場するのですが、
見た目で分るように人妻っていうより、むしろお姉さんなんですよね。
まぁ人妻って言っても年齢の幅は非常に広いのであり、
新妻とか若いタイプが好きな人もいれば、逆に熟女が好きな人もいるでしょう。
本作はお姉さんのような若い人妻ばかりですので、
熟女好きではなく、年上のお姉さん好きに向いた作品ということですね。

その辺はサンプルの画像を見ればすぐに分る話でもありますので、
むしろ大事なのは熟女かそうでないかではなく、
「人妻」という属性の内面に関する部分なのでしょう。

人妻と言うのは、文字通り他人の妻ですので、
それに手を出すという行為には常に背徳感が付きまといます。
ましてや、本作は近親ものでもありますので、
こちらも違う意味で背徳感が伴うものです。
しかし、本作は明るく楽しいエッチという方向性ですので、
背徳感とか全然ないんですね。
なので、いわゆる人妻ものとしての背徳感を求めてしまうと、
全然楽しくない作品なのです。

むしろタイトルの文言では「コスプレ」という部分に注目すべきであり、
年上のお姉さまたちとのコスプレHを満喫する作品と捉えれば、
その観点からは良質な作品となるのでしょう。

<総合>


アトリエかぐやと言えば、やっぱりM&Mさんの絵だと思うし、
M&Mさんの描くキャラは、見る分にはどの作品も好きなのですよ。
ただ、このブランドは抜きゲーばかり出していて、
絵も抜きゲーという方向性も毎回同じなはずなのに、
実際にプレイしてエロさを感じるかは作品ごとに大きく変わってしまうわけで。
凄く良いなと思ったり、全くそそられなかったり、
事前の判断ができるようになるまで、しばらくかかったものです。

これはあくまでも私個人の話でしかないのですが、
私にとってのかぐや作品というのは、
特定の属性・シチュにこだわっていない作品はほとんど楽しめません。
次にキャラに特定の属性がある場合は及第点というか、
まぁ普通に楽しめるって感じです。
そして、痴漢とかSMとか特定のシチュにこだわった作品だと、
かなり楽しめるようなのです。

本作は、人妻はキャラの属性だし、
コスプレはシチュとも言えなくもないけれど、
キャラの属性を複数楽しむような方向性ですからね。
結局は属性にまつわるものと言えるのかなと。
本作をプレイしたのはかなり遅かったので、上記の自分用基準も分っていて、
普通には楽しめるだろと思ったら、良くも悪くも想像通りでした。

自分の話を抜きにしても、
やっぱり本作は人妻に注目した人は物足りなく感じ、
コスプレに注目した人は結構満足できたのかなと思います。
検討中の人は、その点を注意すれば大丈夫だと思いますね。

ランク:C-(佳作)

人妻コスプレ喫茶2

DVDソフト人妻コスプレ喫茶 2

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2006」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2468-db8cc473
| ホームへ戻る |