ブラックマトリクス

ブラックマトリクス

『ブラックマトリクス』は1998年にセガサターン用として、
NECインターチャネルから発売されました。

これはプレミアで有名になりましたね。

ゲームジャンル:SRPG

ブラックマトリクス

さて、ジャンルはいわゆるシミュレーションRPG(SRPG)なのですが、
システム自体は特筆すべき点はないかなと。
というか、ゲームとしての出来は良くない方で、
ゲーム部分にはあまり期待しない方が良いでしょう。

本作が話題を生んだのは別の点にあったわけでして、
1つはその舞台となる設定にあって、
善悪の逆転した世界観に、主人に従う奴隷が主人公ということで、
何とも危ない雰囲気を醸し出していたわけです。
ゲーム機のゲームとしては、かなり斬新な設定だったわけで、
それで話題性が高かったわけですね。

個人的にはキャラデザが気に入っていたのですが、
世界観の表現という面でも、これは非常に合っていたかと思います。

ただ、こうした部分は難しい面もあるんですけどね。
設定から考えれば、
こういうのこそアダルトゲームでやれよって思うわけで。
家庭用ゲーム機だと表現上の限界もいろいろありますし、
本当に濃い物は作れないですからね。
私の重視する評価ポイントの1つに、
この物語をこの媒体でやるのが適切かというものがあります。
そういう観点からは、決して好ましくないんですよね。

しかしながら、それとは一見相反するような違う思いもあるわけでして。
つまり、お花畑のような能天気なゲームや王道物だけでなく、
たまにはこういうのがゲーム機であってもいいよなってことです。
完成度からすれば決して絶賛できるほどのものではなかったのですが、
話題を呼んだり物議を醸せたってだけでも、
商品としては十分に価値があったと言えるでしょうね。

もう一つ本作で語らなければならないのは、
何と言ってもプレミアについてでしょう。
普通プレミアってのは、当初は普通に買えていたのに、
大分後になって中々買えなくなって価格が高騰するケースが多いです。
でも、本作は違ったんですよね。
僅かな量の初回版しか発売されなかったものだから、
98年の発売当時でも非常に入手が困難でした。
その後移植されたりいろいろあって、今では楽に入手できますけどね。
こういう入手の困難さと世界観が相まって、
パッケージを見ているだけで独特の存在感を出していたものでした。

たぶん、当時買ってプレイした人は、
高かったよな?って記憶があると思います。
でも、そういう経験も踏まえてあの当時プレイした人が、
一番楽しめたんじゃないでしょうか。
出来云々からするとアダルトゲームもプレイする私には、
せいぜい佳作程度かなって印象でした。
しかし、それ以上のインパクトを残した作品でもありましたね。

ランク:C(佳作)

ブラックマトリクス



関連するタグ セガサターン /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

男性のご主人様を出すのにえらく燃えました。
男×男ルートがあって腐女子にはえらく人気がありました。
翼フェチの私は「設定」事態にえらく萌えましたね。
萌えるばかりでクリアできませんでした…

ゲーム自体は大味だったのでその点は残念でしたが、いろんな属性の人に対応させた点が強みだったのかもしれませんね。
私も、翼には惹かれますw

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/245-1595d2d9
| ホームへ戻る |