『シャレード』

『シャレード』

『シャレード』は1995年にPC98用として、
アップルパイから発売されました。

やるドラって本来はこういう姿なんじゃないかと思える、
自分で設定を選べる百合ADVでした。

share02.jpg

<ゲームデザイン・ストーリー>


ジャンルはノベル系ADVになります。
従って基本的にクリックだけで進行し、
たまに出てくる選択肢を選ぶことで展開が変化していきます。

これだけなら普通のノベルゲーなのですが、
本作が他と異なるのは、登場人物の設定も選択肢で変わるところにあります。
つまり、初めて作中にキャラが登場すると、
そのキャラがどういう部活や役割なのかをプレイヤーが選ぶのです。
例えばこの子は美術部or演劇部の子で~みたいな感じで。
そして選択した後は、そのキャラは決定された設定に従い行動します。
share01.jpg

後にPSで「やるドラ」が登場し、
見るドラマからやるドラマへと言っていたのですが、
結局はフルボイスフルアニメーションのノベルゲーのようなものであり、
どこが「やる」なんだと思ったこともあります。
本作のように、主人公がどう行動するのか、
このキャラはどういう設定・属性なのかなどをプレイヤーが決定する作品の方が、
「やるドラマ」なんじゃないかと私は思うのですけどね。

さて、本作は女子高生である和美が主人公であり、
その和美の日常を扱った作品になります。
同じ行動を採れば同じ展開になりますし、
日常なんてあまり大きな変化のあるものでもないですからね。
ある種のループのようなものなのですよ。
その繰り返される日々に変化を与えるのが、選択肢の役割なわけです。

とは言うものの、キャラの設定と一日の行動パターンには限界があり、
展開に変化が生じなくなってしまうこともあります。
その場合、朝起きた時にこれまでのことは忘れたという選択肢を選ぶと、
それまでに蓄積された設定・行動がリセットされ、
また新しい設定で始めることができるのです。

本作はループ世界がどうのとか、ループする世界から抜け出すとか、
そういう作品ではありません。
だからループ構造がストーリーに絡むものがループゲーであるとするならば、
本作はループゲーではないのでしょう。
しかし、実際のプレイヤー側のプレイ感覚は、
ループゲーそのものなのですよ。
何も変えなければ展開も何も変わらず同じことが繰り返され、
新しい展開、新しいルートに入るために、
様々な組み合わせを試行錯誤するわけですから。

また、和美は同級生の竹美と百合な関係にありまして。
他の登場人物も女性ばかりだし、そのキャラたちとのエロもありますので、
レズゲーでもありますね。
女性同士のエロを描いたレズゲーは、
PC88及びPC98時代には結構あり、一ジャンルとして認識されていました。
しかし、もっと精神的なものも含んだ百合ゲーとなると、
非常に少なかったです。
ましてや面白い作品となると、更に数は限られてくるのでしょう。
それでいて百合というジャンルが認識されていないものだから、
知名度はより一層低くなるわけですね。
本作の和美は竹美のことばかり考えているような娘なので、
まさに百合好きのための作品だと思います。

ただ他のレズゲーとかだと、いかにもレズって感じのグラフィックでしたが、
本作は絵柄が可愛くないのもあって、あまり百合っぽさを感じさせないので、
それで余計にも埋もれてしまったかもしれませんね。
今なら百合ゲーは、出せば誰かしら反応してくれるのだけれど、
この時期はどうしてもニッチな扱いにならざるをえなかったのでしょうから。

<感想・総合>


以上のように、ゲームデザイン面は、
ノベルゲーであること自体比較的少数派だった時代に、
設定を自ら決めるという過去に例を見ない構造であり、
斬新だったと言えるでしょう。

またストーリー面に関しても、百合ゲーの絶対数が少ない時期でしたからね。
百合ゲーってだけで貴重とも言えます。

従って、ストーリー・ゲームシステムの両面において、
本作は個性の際立った作品だったと思います。
なのでオンリーワンな存在であることは間違いないのですが、
そしてそういう作品は本来私の好むところであるものの、
実際にプレイして凄く面白いかとなると、
少し首を傾げる部分もありまして。
何せ同じような展開が繰り返されるわけですし、
加えて難易度が非常に高かったですからね。
アイデアは良かったのだけれど、
まだ活かしきれてなかったというところでしょうか。

というわけで個人的には良作としておきますし、
完成度や単純な楽しさを求める人はもっと低くなりうるかもしれませんが、
個性は抜群な作品だけに、
はまる人ははまるだけの魅力を持った作品ではあったと思いますね。

ランク:B-(良作)

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2448-8fd35141
| ホームへ戻る |