『こいなか -小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ-』

『こいなか -小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ-』

『こいなか -小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ-』は、
2014年にWIN用として、eRONDOから発売されました。

キャラに惹かれた作品だったのですが、
システム全般にも好感の持てる萌えエロゲーですね。

こいなか

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
物語の舞台は再開発が推し進められている小田舎のとある神社。
その神社のたった一人の跡取り息子の主人公は、血筋を絶やさない為に、
若い身空で子作りに励まなければならないのだった……!

主人公のお相手候補は許嫁を名乗り突然やってきた久遠舞。
ナイスなバディで可愛い子だが、初対面の相手に戸惑う主人公。
幼馴染の野々原みおも、なんだか気が気がじゃない様子で、
恋人未満から始まるドキドキエロエロな初恋×中出しライフが始まります!!

<キャラ・ストーリー>


絵が可愛いなと思ったら、『らぶらぼ』の人だったんですね。
本庄マサトさんの絵は単純に好みの絵で、どのキャラも可愛いです。

公式に萌えエロヌキゲーと書いてあるように、
萌えキャラによる抜きゲーというのか、エロ重視の萌えゲーというのか、
とにかくエロ重視の作りになっています。

エロの描写については非常にこだわる人もいるのでしょうが、
私自身はあまりこだわりがないので、大したことは言えないのですけどね。
たぶん、萌えエロ作品としては十分楽しめるのではないかなと。
CGも差分抜きで109枚と十分にありますし、良質な作品だと思います。

個人的には、聖水関連のシチュや羞恥系のシーンが良かったです。

<ゲームデザイン>


ジャンルは、基本的にはノベル系のADVになります。
もっともHパートは複数のコマンドが表示されますので、
ここだけコマンド選択式ADVと言えるのでしょう。
尚、数値を管理してという類ではないので、調教SLGではありません。

本作に興味を持ったのはグラフィックだったし、
もちろんグラフィックに関しても高い満足度だったのですが、
プレイ後に同等に好感を抱いたのがゲームデザイン面に関してでした。
まぁ、画期的なものがあるというわけではないのですが、
全体的な製作姿勢に好感を抱いたということになりますかね。

本作はHシーンがコマンド選択式になり、
各コマンドが段階に応じて発展していきます。
部分的にコマンド選択式の便利な点を導入しているのですが、
下手なところが作るとゲームプレイの強制につながり、
楽しさが半減してしまいます。
特にコマンド選択式は、
今は総当たりなどと言われ嫌われるケースが多いですからね。
だからこそ、細心の注意が必要なのです。
本作は新しいコマンドが試せる場合には、その旨が表示されますし、
面倒臭い場合には、いきなり挿入も可能です。
いつでも挿入し、ユーザーがやめたい時に、
いつでもフィニッシュできるわけですね。

こうしたユーザー中心の構造が、全体において一貫していまして。
ゲームプレイが面倒な方のために、
クリアしなくても最初からCGモードをフルにすることもできます。

またこだわりのHシーンがある人のために、
フリー開発モードも用意されていますし、
終盤で得たスキルを序盤から使いたい人のために、
「エロくてニューゲーム」もできます。

<感想・総合>


製作者には、ユーザーにこうプレイして欲しいとか、
自分の作った作品を一番楽しんでもらうのはこうだという想いが、
どんな作品にでも何かしらあると思います。
だから中には、プレイヤーに制約・負担を課す作品もありますし、
昨年なんかもセーブ不可にするなど、
プレイヤーに負担を強いる作品がありましたしね。
でも本当にプレイヤーのためを思うのであれば、
製作者のエゴを押し付けるのではなく、
プレイヤーが好きに楽しめるよう自由にさせるべきなんですよね。

本作は、どういうプレイヤーでも楽しめるように、様々な自由を与えてくれます。
普通に楽しんでも良いし、フル化してHシーンだけ楽しんでも良いし、
自分の好きなシチュを組み立てても良いわけですから。
またHPを見ても、コンセプトや作品のために必要なシステムの紹介なども、
しっかりとなされています。
こういう何を作りたいかハッキリしていながら、
最終的な楽しみ方はユーザーに委ねますという製作姿勢は、
個人的には好きですね。
当り前のようでも、中々できているブランドは少ないですから。
キャラも可愛いし、エロもしっかりしているので、
本作はデビュー作ではあるものの、
今後ファンが増えていくことも期待できるでしょう。
まぁ、本作に関しては、ちょっとバグもありまして。
順次対応はしているようですけどね。
バグ関連は信頼を損ねる大きな要因になりますので、
そこだけは今後気を付けるべきなのでしょうが、
そこさえクリアできれば、ブランドも伸びていくだろうし、
応援したくなるよなと思えるわけでして。
今後の話は抜きにしても、本作自体も良質な萌え抜きゲーで、
幅広い層が安心して楽しめる作品だと思いますね。

ランク:B-(良作)

こいなか

ダウンロード版
こいなか dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2439-ba1ceb05
| ホームへ戻る |