『ドリームスケープス : サンドマンの呪縛』

『ドリームスケープス : サンドマンの呪縛』

『ドリームスケープス : サンドマンの呪縛』は、
2014年にPC用として発売されました。

オリジナル版は2013年に発売された、
『Dreamscapes: The Sandman』になります。

ドリームスケープス

<概要>


幼いころ悪夢に悩まされていたローラは、
父親からもらったお守りのドリームキャッチャーを大切にしていた。
そのお守りには夢を変える不思議な力があり、
大人になった今でも大切にしている。
ある日、ソロのバイオリニストとしてコンサート会場で演奏していたローラは、
会場の奥に怪しい人影を目撃する。
次第に大きくなるその人影の手には、
メイク室に置いてきたはずのドリームキャッチャーが!?
次の瞬間、気がつくとローラは幼いころ見ていた悪夢の中に閉じ込められていた。悪夢の使者が現実世界でお守りを破壊してしまった今、
ローラに残された道はあなたに助けを求めることだけ!
昏睡状態のローラの悪夢に潜入し、お守りの破片を集めてローラを救い出せ!

<ゲームデザイン>


国内の販売元であるビッグフィッシュでは、
アイテム探し(HOG)ないしADVに分類されています。
もっとも本作にアイテム探しは全くありませんので、
もしアイテム探しをやりたくて購入すると、
やりたい物が「全く入っていなかった」となってしまいます。
その点で、ちょっと誤解を招きかねないので、一応注意を。

逆の人には良いのですけどね。
HOGというジャンルはADV化してきており、
HOG+ADVであるとか、HOG系のADVと言うのが適切な作品ばかりになっています。
だからADV要素を求めて、この手のジャンルをプレイしているけれど、
HOG自体には興味が薄いって人も結構いると思います。
或いは、ADVは好きだけれど、HOGに抵抗があって、
この手の作品に手を出せないとかですね。
本作にはHOGの要素が全くなく純粋なADVになっていますから、
そういうHOGを苦手とするADVファンでも安心して楽しめるのです。

さて、本作はHOG系ADVからHOG要素を抜いた作品なので、
アイテムを拾って使用したりパズルを解くことが、
ゲーム部分の中心になります。
パズルに費やす時間次第というのもありますが、
アイテム探しがなくなった分だけ、プレイ時間は減った感じですかね。
また、ストーリーも章仕立てというか区切られている関係で、
広範囲にウロウロする必要もありませんので、
それがプレイ時間の短さにもつながっているのでしょう。

従って単純なプレイ時間自体は減っているものの、
人によってはストレスになりそうな部分を削っているだけなので、
どちらかと言えば好意的に解釈する人が多いのかなと思います。

<ストーリー>


昏睡状態のローラの悪夢に潜入し、問題・障害を除去しながら、
ローラを助けることが目的となります。
精神世界が舞台であり、最初は悪夢の状態ということで、
ダークな雰囲気の世界観になっています。
蟲とかも探す必要がありますし、全体的にはファンタジー、
それもダーク系のファンタジーが好きな人向けでしょうね。

<感想・総合>


捉え方次第なんでしょうけどね。
結局は引き算なわけでして。
世界観の優れたHOG系ADVからアイテム探しの要素を引いたのが、
本作なわけです。

ポイント&クリック式ADVと考えると、クリックの反応を楽しめる箇所が少ない。
MYST系のADVと考えると、画面の表示方式に物足りなさを感じてしまう。
その足りない部分を、HOG系ADVはアイテム探しで補っているのですが、
本作はそれがない上に代替の要素がないものだから、
結局どの観点からも少しずつ足りなく感じてしまうのです。

もっとも、P&C式にしろMYST系にしろ、
日本語で遊べる作品は絶滅に近い状態ですからね。
日本語で遊べるADVとしては貴重なのであり、
アイテム探しは要らないって人には適した作品ということで、
一定の需要と意義はあるように思いますね。

ランク:C(佳作)

ドリームスケープス

関連するタグ WIN /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2426-c0f291cd
| ホームへ戻る |