『秋月家の受精依頼 -妊娠するまで繰り返される、妻と兄とのセックス-』

『秋月家の受精依頼 -妊娠するまで繰り返される、妻と兄とのセックス-』

『秋月家の受精依頼 -妊娠するまで繰り返される、妻と兄とのセックス-』は、
2014年にWIN用として、Past Gadgetから発売されました。

シナリオ付同人CG集で人気のPast Gadgetによる、
久しぶりのADVになります。

秋月家の受精依頼 dl

<概要>


子供を作れない自分の代わりに、兄に受精を依頼する主人公。
妊娠するまで何度も繰り返される、最愛の妻と兄の中出しセックス。
お得価格のAVG。

■作品のポイント
『只の作業なんだから、感じる必要なんて無い……
ただ射精を待つだけでいい……それなのに……』
最初は羞恥や恐怖に負けて逃げだしていた妻が
背徳的な快楽に必死で耐える姿をお楽しみください。

基本枚数18枚+差分76枚(立ち絵や演出は含みません)
ヒロインフルボイスのAVGです。
選択肢はありませんが、ボリュームはたっぷりあります。
CGモード、回想、ボイスリピート、テキスト設定等、基本機能も完備。

■収録シチュエーション
夫以外の男性を全く知らなかった新妻が、
初めて知る快楽に目覚めていく姿を濃厚に描きました。
『夫以外の男性に初めてするフェラチオやセックス』
『何をされたのかをつぶさに報告しながら夫とセックス』
『夫を待たせて、ラブホテルで連続膣内射精』
『食事会の途中に夫の前で兄にキス』
『酔っ払って兄とイチャイチャ、舌を絡ませながら騎乗位』
『夫に結合部を見せつけながら、ディープキス』
『夫に黙って家に呼び込み、一緒にお風呂で……』
玄関先や、夫婦の寝室や、妊娠後までも……?
ここには書き切れないほど多彩な、背徳的Hシーンの数々。

<感想>


上記の商品紹介が詳しすぎるくらいなので、大体の内容は分るのかなと。
いきなり余談で悪いのだけれど、個人的にはシチュとか属性とか、
あまり詳しくない方が良いのですけどね。
事前に分ってしまうと、驚きとかなくなってしまいますから。
でも、最近は事前に情報を全部出せとか言い出す人もいるようなので、
詳しすぎるくらいの説明の方が喜ばれるのでしょうか。

さて、本作で扱う題材に関しては、アダルトゲームでは少ないかもしれませんが、
成人漫画とかでたまに見かけるタイプの話ですね。
それらと比べた場合に、特にひねっている部分もありませんし、
基本的にはオーソドックスなタイプと言えるでしょう。

ストーリーは子供を作るために、主人公が兄に妻と寝るように頼み、
話がついたところから始まります。
通常の寝取られゲーだと、
寝取られるまでの女性側の葛藤などに分量が必要となるところ、
本作では夫婦間で子供作りのためと話合いが済んでいるので、
そこまでの過程が丸ごと不要になるわけです。
あらすじを見れば発端が寝取らせに近いとすぐに分るので、
予想と異なったと言い出す人はいないはずですが、
妻が他人と寝るまでの葛藤が好きな人は、
あまり合わないタイプの作品と言えるのでしょう。

兄と妻が何度も関係を持つうちに、
主人公は目の前で妻が抱かれることに興奮する、
つまり寝取られに目覚めていきます。
兄は兄で、ひたすら主人公の妻とHがしたいだけだし、
妻も妻で、いわゆる心と体は別ってやつで、
体はすっかり開発され子供ができても義兄を求め続けるようになる一方で、
心では主人公を愛し、嫉妬する主人公を見て更に夫との愛を確認するって感じでして。
まぁ、三者の利害がちゃんと一致していますので、
歪んではいるけれど皆幸せではあるんですよね。
誰かが不幸になることの多い一般的な寝取られ、破滅的な寝取られではなく、
本作は皆がハッピーになれるタイプの寝取られなのであり、
寝取られものの中でも、こうしたタイプが好きな人ほど楽しめるのかなと。

<総合>


本作は、とにかくプレイ時間という面でのボリュームが少ないです。
でも、プレイして真っ先に思ったことは、
やっぱりボリュームが全てではないのだということでした。

ボリュームが少なくて内容が良くないと、
ついついボリューム不足を指摘したくなりますけどね。
中には、10時間以上もプレイして、それでも尚足りなくなる場合もありますし。
でも、少ないボリュームでも、書き手が優秀ならば、
こっちは満足できるのですよ。
寝取られというジャンルについても、
すぐに読み終わる読み切りの成人漫画で凄く満足できることもあれば、
何時間も費やしたのに満足できないゲームもあります。
本作を製作したPast Gadgetは、
ボリュームの少ない同人CGで結果を残してきたところですからね。
ゲームのプレイ時間が少なくとも満足させられる術を身につけており、
卒なく寝取られものの良さを盛り込んできた点はさすがだなと思ったものです。

CG枚数などの分量は、価格を考えれば十分すぎるほどだし、
ゲームのプレイ時間にしても、価格を考えれば、
一概に短すぎるとも言えないですしね。
価格を考慮すれば、トータルでは十分に良質な作品だと思います。

ただ、しいて文句を言うのならば、せっかく久しぶりのゲームなのですから、
もう少し冒険しても良かったのではということでしょうか。
本作は選択肢もなく完全な一本道ですし、
他にも、あえてゲームとして出したことのメリットも感じられないですしね。

総合では佳作としておきますが、価格を重視すれば良作となりえるでしょうし、
絵が好みであれば、お得な作品だと思いますね。

ランク:C(佳作)

秋月家の受精依頼 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2415-6c5045cd
| ホームへ戻る |