超昂天使エスカレイヤー Beat Angel Escalayer

超昂天使エスカレイヤー Beat Angel Escalayer

『超昂天使エスカレイヤー Beat Angel Escalayer』は、
2002年にWIN用として、アリスソフトから発売されました。

ジャンル:ADV+SLG 属性:変身ヒロイン

エスカレイヤー

エロ重視のアダルトゲームの傑作である『DARCROWS』。
これにはかなりはまったものですが、
当然ながらその続編か後継的な作品を望んでいた人は、
かなりの数いたかと思います。
エスカレイヤーはそんな『DARCROWS』の制作陣が作ったもので、
システムの類似性からも、まさに後継的な作品でした。

もっとも、あくまでも後継的な作品であって続編ではありません。
『DARCROWS』はお姫様や王妃様を調教する話でしたが、
本作は簡単に言えば変身ヒロイン物です。

正義のヒロインが悪の怪人を懲らしめるというもので、
こういう類のお約束のパターンを踏襲していました。

とはいえ、そこはアダルトゲームですからね。
当然単なる変身ヒロイン物ではすみません。
ストーリーの関係上怪人と戦うわけですが、負けると犯られちゃいます。
また変身するためにもHが必要だったため、
勝つにも負けるにも結局Hが必要って感じでした。

この手のジャンルのツボは押さえているし、
ゲーム内で頻繁にHシーンがありますからね。
エロさという点ではアリスの中でもかなり上位でしょうし、
この年の作品内でも屈指の出来だったのではないでしょうか。
はまる人はとことんはまれた作品でもあったかと思います。
個人的にはおにぎりくんの絵が好きということもあって、
グラフィック的にはかなり満足できました。

しかし、気の強い女性を調教するという前作のコンセプトが好きな私には、
エスカレイヤーはちょっと好みとずれてしまいました。
また『DARCROWS』の場合では、
キャラは質の面だけでなく数の面でも満足できました。
しかし、本作はヒロインオンリーな感じで、その点も物足りませんでした。
後、何気に『DARCROWS』の回想シーンでの声が出るやつが大好きだったので、
本作ではそれがなくなって非常に残念でした。

まぁ、そこら辺は出来不出来ではなく単なる好みの問題でもありますが、
それを除いてもストーリー面はやや弱かったように思うわけで、
特に設定的に本当に犯られてしまうというような悲壮感がなく、
その部分が非常に残念でもありました。
同様のコンセプトで既に優れたゲームがある点も考慮すると、
インパクト的にも足りなかったように思います。

総合では遊べる実用系作品として十分楽しむことはできたのですが、
もう1つ本作だけというような強烈な印象を与えてくれるものがなかったので、
良作にしておきます。
今回は主観的にも好みとずれる部分も多かったのですが、
この当時にこの水準のエロさと可愛さを兼ね備えたゲームも、
ほとんどないように思うわけでして。
私は変身ヒロインだからといって点数が上がるわけではないのですが、
変身ヒロイン好きなら尚更楽しめるでしょうし、
属性がなくても単純にエロカワを求めるなら、
十分満足できる作品だったのではないでしょうか。

ランク:B(良作)

ダウンロード版
エスカレイヤー

関連するタグ WIN /ADV /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/241-d15b6396
| ホームへ戻る |