『援交ガールズコレクション ~オヤジの夏は涼しいラブホでパコパコ編~』

『援交ガールズコレクション ~オヤジの夏は涼しいラブホでパコパコ編~』

『援交ガールズコレクション ~オヤジの夏は涼しいラブホでパコパコ編~』は、
2014年にWIN用として、α-MODELから発売されました。

ビッチとの援交も良いかも・・・と思えてくる作品でしたw

援交ガールズコレクション

<概要>


勤め先は安定した大企業、マイホームには仲睦まじい愛妻と愛娘。
無難な人生を大いに楽しむ中年男・淡島勝利の密かな趣味は
アタマゆるゆる、アソコきつきつなJKとの援○○際。
ネットで知り合った援○少女たちを相手に後腐れのない
その場限りのセックスを思う存分楽しんでます。
夏休みを前に、マネーの匂いに誘われて寄って来たのは愛娘と同世代の美少女6名。
親子ほど歳の離れた援○オヤジとも平気でヤッちゃう
一癖も二癖もあるセックス好きのエロ娘ばかり。
ヤリマンオーラ全開なギャル、彼氏持ちのアホの子、
淫乱な本性を包み隠した優等生、
地味~な処女から経験豊富な不思議ちゃんまで――
スケベなJKたちのビッチな牝穴を取っかえ引っかえハメ比べ、
ヌキ倒しちゃいましょう。

<感想>


元々絵が好みだったというのもあるけれど、
内面的な部分も加えてキャラ全体が良かったですね。
援助交際をするビッチというのは、もちろん他の作品にも登場するのですが、
好きになれないケースがほとんどです。
個人的な好みを抜きにしても、数あるヒロインの中のビッチというのは、
なぜか似たようなキャラになりがちですからね。
それで個性を感じられないというのが、実は一番の問題なのかもしれません。
本作はヒロイン全員がビッチという、言わばその方面の特化作品であり、
様々なタイプのビッチがいるわけでして。
その時点で上記の問題点をクリアしていると言えますし、
これだけ個性の異なるビッチなJKを揃えただけでも満足と言えます。

グラフィックとも関連するのですが、
上記の様にヒロインが可愛かったのはもちろんのこと、
妙にコンドームの印象が強かったりするわけで。
これだけ多様な色のコンドームが次々に出てくる作品も珍しく、
言い換えれば、それだけ避妊につきしっかり扱っているわけで、
その分リアリティも感じられました。

本作は、いわゆる抜きゲーになるのでしょうが、
抜きゲーだとヒロインの個性や描写が薄くなりがちです。
特に低価格商品だと分量が少なくなることから、その傾向が強いですよね。
特殊なシチュさえあれば満足な人はそれでも構わないのだろうけれど、
シチュより「どういう人と」って部分を重視する私みたいなタイプだと、
本来は低価格商品の抜きゲーは相性があまり良くないのかもしれません。

そのような一般論に対し、本作はHシーンの前に、
きちんとヒロインらとの会話があります。
そして、ここでの会話が楽しいわけでして。
テキストも読みやすいし、ヒロインは皆それぞれの考えもあるし、
サービス精神というかプロ根性みたいなのもありますしね。
これまで援助交際に興味がなかった人でも、
やべぇ~何か援助交際って面白そうかも、
自分もやってみたいなとかって思えてきます。
まぁ、本作の楽しさというのは、
主人公の巧みな話術があるから成立するのであり、
素人が実際に援助交際にいきなり手を出しても、
こんな楽しい経験はできないのでしょうけどね。

<総合>


これまで自分があまり興味なかった分野に対し興味を抱かせたわけですから、
その段階でライターの勝ちですね。
この楽しさで一定の分量があれば、最低でも良作、
場合によっては名作と言っていたかもしれません。
それくらい、途中までは凄く楽しかったです。

ただ、本作は価格に対するボリュームとしては十分なのでしょうが、
その低価格相当のボリュームの中にあって、ヒロイン数が多いですからね。
必然的にヒロイン一人一人の分量は少なくなってしまいます。
プレイしていて楽しくはあったのだけれど、
もう終わり?もっとこのヒロインとの絡みを見ていたかったなと、
そんな気になってしまうんですよね。
ヒロイン数を半分にして構わないから、
その分だけ一人辺りの分量を増やして欲しかったです。
それなら、まず良作扱いでした。

そのもの足りなさから佳作としておきますが、
良作に勝るとも劣らない面白さを有した作品でした。
尚、私の場合は主に援助交際という部分に注目したのですが、
単純に実用目的であればより満足度は高まると思います。
できれば、この原画とライターのコンビで、
もう少し規模の大きい作品を作ってもらいたいですね。

ランク:C(佳作)

援交ガールズコレクション

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2409-1299d860
| ホームへ戻る |