『壁の向こうの妻の嬌声 ~愛する妻の肢体はもう、隣の旦那を忘れられない~』

『壁の向こうの妻の嬌声 ~愛する妻の肢体はもう、隣の旦那を忘れられない~』

『壁の向こうの妻の嬌声 ~愛する妻の肢体はもう、隣の旦那を忘れられない~』は、
2013年にWIN用として、ANIM.teamMMから発売されました。

スワッピングから始まる寝取られゲーになります。

壁の向こうの妻の嬌声

<概要>


ジャンルはノベル系のADVになります。
公式によれば「NTR系人妻スワッピングAVG」とのこと。

<グラフィック>


フルプライスとミドルプライスの中間的な、
ちょっと中途半端な価格の作品なのですが、
CG枚数も価格相当といったところですね。

ヒロインは2人いて、妖艶な雰囲気のタレ目の方は少し苦手なのですが、
主人公の妻であるツリ目の方がかなり好みでして。
ぶっちゃけ、絵買いみたいなものですね。

グラフィックに関して言うと、スワッピングが主ということで、
互いにHをしている姿が並んで表示されることも多いです。
対比の構図もいろいろあり良かったですね。
一部のHシーンではアニメーションもありますし、
グラフィックだけで十分に元が取れてしまうように思います。

<ストーリー>


問題があるとすれば、ストーリーなのかなと。
本作は隣人夫妻からスワッピングをもちかけられ、
それに応じることで物語が進行します。
基本的に以後はスワッピングシーンが中心となるので、
スワッピング好きなら抜きゲーとして楽しめるのでしょう。

ただ、ストーリーとして考えた場合、スワッピングをきっかけに、
結局のところ主人公は妻を寝取られてしまうわけでして。
本作は主人公視点修了後に妻視点でも楽しめますが、
これも寝取られを別角度で見ただけですからね。
だから冒頭のようなスワッピングから始まる寝取られものとなるのです。

寝取られものとして見た場合、スワッピングは半ば寝取らせているだけに、
どうしてもインパクトが弱くなってしまいます。
ましてや本作は互いに目の前でHをするわけですから、
テキスト云々を抜きに設定の段階で既に弱くなってしまうのです。

他方でスワッピングものとしても、
スワッピングは必ずしも寝取られに限るものではなく、
主人公も相手の妻とHをしているわけですから、
寝取り方面に進むこともできるはず。
スワッピングから派生する物語は他にもいろいろあるし、
どのようにも変化しうるのがスワッピングゲーの魅力でもあるのでしょうに。
本作は寝取られ方面しかないだけに、
結局はスワッピングは寝取られるための前段階の手段でしかないといえ、
どうしても物足りなく感じてしまうのです。

<総合>


絵は好みだし、個々のシーンは結構好きなんですけどね。
スワッピングを寝取られに限定して用いてしまったために、
結果的にどちらも中途半端な作品になってしまった感が否めませんでした。
キャラが気に入っただけに、その点がちょっと残念でしたね。
そのため、総合では佳作としておきますが、
どちらかと言うとスワッピングに主に期待する人の方が満足度は低く、
NTRにだけ期待する人の方が満足しやすいのかなと。
なので、もし絵が好みで寝取られだけに注目するのであれば、
実用性も高く楽しめるのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)

壁の向こうの妻の嬌声

ダウンロード版
壁の向こうの妻の嬌声 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2013」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2408-44c23951
| ホームへ戻る |