『それからおじさんは、毎晩私のベッドにもぐりこんで来るようになりました…』

『それからおじさんは、毎晩私のベッドにもぐりこんで来るようになりました…』

『それからおじさんは、毎晩私のベッドにもぐりこんで来るようになりました…』は、
2006年にWIN用として、憎いあンちくしょうから発売されました。

ロリな見た目の寝取られゲーになります。

それからおじさんは、毎晩私のベッドにもぐりこんで来るようになりました dl

<感想>


ジャンルはノベル系のADVになります。
公式で「幼馴染寝取られアドベンチャー」とあるように、
主人公の幼馴染が主人公の叔父によって寝取られる、
いわゆる寝取られもの(NTR)になります。

ヒロインがロリ系の外見ですので、好きな人はプラスになるのかも。
個人的にもロリ系でも別に構わないのですが、
ちょっとアンバランスというか、あまり上手く感じられず馴染めませんでした。
原画とシナリオが同じという同人作品なので、
多少は仕方ないのかもしれませんけどね。

なので他の部分で満足できれば問題ないのですが、
ストーリーもどうなんだろうな~

寝取られものが人気を得ていった理由の一つに、
プレイヤーと主人公がシンクロしやすく、
感情移入しやすいからというものがあります。
主人公になりきれる作品ほど、
大事な人が寝取られた場合のショックも大きくなりますから。
しかし本作の主人公はとにかくヘタレなので、
どうも感情移入がしにくいわけでして。
お前がトロトロしているから寝取られたんだろと醒めた目で見えてしまうと、
途端に楽しくなくなってしまいます。

またヒロインの頭も少し緩いわけでして。
ヒロインの主人公に対する気持ちは絶対に揺るがない、
寝取られなどありえないと思わせるヒロインほど、
寝取られたときの衝撃も大きくなるのでしょう。
本作のように緩いヒロインだと寝取られるのも仕方ないかと思ってしまい、
この点でも馴染めませんでした。

その代わりに、本作では様々なシチュがあるので、
その点では良かったのでしょう。
ただ、量で攻めるというのは、フルプライス作品に任せた方が良いように、
個人的には思うんですけどね。
グラフィックがショボイ上に使い回しだし、
Hシーンのコマンドの繰り返しも面倒ですし。
このネタを商業のフルプライス作品でじっくり作ってくれれば、
面白い作品になりえたかもしれません。
しかし同人でやってしまったから、いろいろ物足りなさを感じてしまうわけで。
料理に例えると、9000円出すならコースで出せと思いますが、
1000円ちょっとなら中途半端にフルコースにされるよりも、
一品料理の方が楽しめるような、そんな感じでしょうか。

というわけで、全体的に物足りないことから、
総合では凡作としておきます。
もっとも、同人でもコスパを重視するという人であれば、
楽しめる確率は高まると思います。
できれば、商業のフルプライス作品として見てみたかったですね。

ランク:D-(凡作)

それからおじさんは、毎晩私のベッドにもぐりこんで来るようになりました dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2006」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2404-2b3ddac9
| ホームへ戻る |