『LOVEMILF2』

『LOVEMILF2』

『LOVEMILF2』は2014年にWIN用として、Autobahnから発売されました。

超強烈甘エロMILF物語と名付けられたLOVEMILFシリーズの2作目であり、
熟女とのイチャラブゲーになります。

LOVEMILF2

<概要>


「ヤりたくなるくらい魅力的な母親(熟女)=MILF」
親子以上に歳の離れた『熟母』との濃密淫蕩肉体関係を描く
LOVEMILFシリーズ第2弾
今度のMILFは『子供の頃から知ってる親戚の伯母さん(母の姉)』
行儀に厳しく、怒ると超怖い、だけど優しい親戚のおばさん。
おじさんと、従兄弟のテルちゃんと、
みんなで楽しく過ごした13年前の夏の記憶……
そんな思い出を、強烈・歳の差ファックで塗り替える!
そのデカパイ、むっちむちヒップ、熟れまくった完熟エロボディが、
血の繋がった「甥」の若い肉体に掘り起こされ
ケモノのような熟女の性欲が目を覚ます───
互いの家族には絶対ナイショ、
『エロエロおまんこ妻』になった伯母とのあったかごはん、一緒にお風呂、
昼も夜もエッチしまくり激エロ・甘ラブ・禁断の近親同居生活!

<感想>


ジャンルはノベル系のADVで、完全な一本道になります。
LOVEMILFシリーズ第2弾とありますが、
MILFに特化したシリーズの2作目というだけであり、
前作とつながりはありません。
従って、本作からのプレイで全く問題ないです。

同人ゲーは優先度の低い私ですが、
Autobahnはデビュー時の2004年からプレイしており、
同人の中ではかなり注目していたサークルでした。
もっとも最近はシナリオが楽しめなくなったり、
グラフィックも好みでなくなったりで、プレイしない作品も出てきました。
そのため最近は、一時期よりも関心が薄れていたのですが、
面白かったと思った最後の作品が『LOVEMILF』(2009)であり、
今作がその後継作であることから注目していたというわけです。

概要を見れば大雑把な内容は掴めるかなと思うけれど、
簡単に言ってしまえば熟女とのイチャラブですね。
ヒロインが熟女、しかも主人公の伯母ということで、
寝取り(NTL)路線を期待した人もいるかもしれないけれど、
早々にエロな関係になっていきますし、伯母の旦那も行方不明ですし、
寝取りものとしては楽しめないでしょう。
あくまでも熟女とのイチャラブを堪能する作品なのです。

イチャラブゲーは昔より増えている傾向にあり、好きな人も結構多いのでしょう。
もっともフルプライス作品のイチャラブゲーは、
対象が女子高生だったり炉利だったりするのがほとんどです。
でもイチャラブに年齢は関係ありません。
熟女とのイチャラブがあったって良いじゃないですか。
そんな熟女好きのためのイチャラブゲーが本作なわけです。

絵は好み次第なところもありますが、個人的には好きな絵柄です。
豊満で熟れた伯母さんとのエロは濃厚であり、
超強烈甘エロMILF物語との看板に偽りはありません。
熟女とのイチャラブだけを求めるのであれば、
満足度も十分に高くなりうるでしょう。
Autobahn作品で久しぶりに楽しかったです。

ただ、気になる点も幾つかありまして。
グラフィックは枚数的には価格相当なので問題ないのですが、
ワイド画面ではないので、その点で若干古臭く感じてしまいます。

一本道なので当然ゲーム性があるわけでもないですし、
価格を考慮してもボリュームが少なめであるので、
コスパ的にも決して良いとは言えないでしょう。

それと、ストーリー面では複雑な人間関係が説明されたり、
序盤から「間」というか雰囲気も大事にする感じだったのですが、
そういう設定がほとんど活かされていないわけでして。
実際は、ほとんどイチャラブだけですからね。
イチャラブに特化するのであれば、無駄に複雑な説明は不要ですし、
変に間を空けて雰囲気を出すよりも、
少しでも多くエロに尽力した方が良かったのではないかなと。
ストーリーにも力を入れようと計画したけど失敗し、
結果的にイチャラブだけが残ったみたいな感じで、
それによりイチャラブゲーとしても中途半端さが漂ってしまいました。

<総合>


MILFとのイチャラブだけを求めるのであれば、
まず元を取れたと思えるだけの満足度は得られるはずです。

その意味では手堅い作品ではあるのだけれど、
上述のように不満点も結構ある作品でして。
完成度の点でも、尖り具合の点でも、コスパ的な点からも、及第点ではあるけど、
それ以上でもないみたいな中途半端さが残ってしまったわけでして。
個人的には久しぶりにAutobahnの作品を楽しめたので、
次回への期待も持てたことは良かったものの、
もっと良くなる可能性もあっただけに勿体なかったですね。

ランク:C(佳作)

LOVEMILF2

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2401-ae1dc7cc
| ホームへ戻る |