『すとりっぷルーレット』

『すとりっぷルーレット』

『すとりっぷルーレット』は1991年にPC98用として、
スタジオみるくから発売されました。

初の下着付ゲームは、おそらく本作なんじゃないかと思います。

stripr02.jpg

<概要>


まずはゲームの説明から。
タイトルにあるように、脱衣のルーレットゲームになります。
stripr03.jpg

ルーレットでコインを貯めて、女の子を脱がせていくわけですね。
ゲームとしては、いたってシンプルです。

stripr01.jpg

脱がせる対象は10人いたのですが、確か一人は男性でした。
見た目は凛としたミステリアスな美少女なのに、
下半身には一応生えていたのです。
女性ユーザーなら喜ぶところでしょうが、絶対数が少なそうですしね。
個人的には好みの顔だっただけに、残念でしたw

ゲーム自体は、あまり語ることはないのかな。
脱衣ゲームはPC98の時代までは結構あったのに、今は絶滅状態ですからね。
こういうのが、もっとあっても良さそうな気もしますけれど。
同人を探せばシンプルな脱衣ものはあるだろうけれど、
そうではなくて、フルプライス作品としてのクオリティを持った、
現代的に進化した脱衣ものをやってみたいのです。

まぁ詳しい分野ではないので、
単に自分が見落としている可能性もありますけど。

<感想>


詳しくない分野ということで、ここからが、ある意味本題。
最近でもメイビーソフトが、
パンティやブラジャーをゲームの特典として付けることがあります。
ゲームを買ったらブラジャーが付いてくるって言われると、
特典商法もそこまで行ったかと残念な気持ちになってくるけれど、
メイビーがやったら、さすがメイビー、
そこまで行ったかと応援したくなるのは私だけでしょうかw
もっとも、現実問題として、パンティやブラジャーがあっても、
困ってしまう人も多いでしょうから、業界全体には広がらないでしょうね。

ゲームの特典は、好きな人は好きですからね。
特典目当てに何本も買う人もいますから。
私は、あまり特典には興味がないので、その手の情報には疎いです。
好きな作品の初回版は欲しいと思うけれど、
「初回版」であることが大事なのであって、
特典の中身そのものは、あまり興味がない感じですから。
この特典が欲しいと店にまで並んだのは、
後にも先にも『AIR』の置時計だけでしたからね。
そんなわけで、特典の歴史には詳しくないので、
違っていたら後で修正しますけれど、
おそらく初めてパンティがついたゲームが、
この『すとりっぷルーレット』だったと思います。

スタジオみるくは、本作で「ショーツ」を付け、
『パワードギャルズ』で「かわいいパンティ」を付け、
『美少女ギャラリー』でも「パンティ」を付けています。
私には、あまりその魅力が分らなかったのですが、
ゲームの特典に強い関心がある人ならば、
注目度の高いブランドだったのではないでしょうか。

個人的には、スタジオみるくと言えば『壮陽佳肴』となりますが、
『すとりっぷルーレット』のロリータ編など、マニア必見の作品もありました。
そもそも、ウルティマシリーズやマイトアンドマジックシリーズ、
他にも海外の名作ADVを80年代に大量に移植していたのが、
スタークラフト社でして。
PC88のユーザーであれば、スタークラフトを知らない人はいないと、
断言できてしまえるほどでしょう。
そのスタークラフトのアダルトゲームブランドが、
スタジオみるくのはずですからね。
スタークラフトも95年に活動停止していますので、
WIN95以降のユーザーには全く馴染みのないブランドでしょうが、
古いユーザーほど馴染み深いブランドになると思います。
そんなスタークラフトに関連するスタジオみるくが、
パンティ付きゲームを出していたということで、
これも一つのアダルトゲームの歴史ではあるのでしょうね。

すとりっぷルーレット

関連するタグ PC98 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1991」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2389-5e2d5ed9
| ホームへ戻る |