『アナタごめんなさい、ワタシもう・・・。』

『アナタごめんなさい、ワタシもう・・・。』

『アナタごめんなさい、ワタシもう・・・。』は2014年にWIN用として、
DOUJIN3ARIESから発売されました。

人妻がショタに寝取られるNTR作品となります。

アナタごめんなさい、ワタシもう・・・。 dl

<概要>


夫を愛する普通の主婦香穂。モテナイ男子に寝取られる…!!
市内マンションに夫と二人で暮らしているごく普通の主婦「香穂」は、
家計を助けるためお弁当屋さんでパートをしている。
ある日オーナーの孫である正太と香穂は一緒に作業をする事になる。
正太はそれをきっかけに人妻香穂への思いを強く募らせていく。
夫を心から愛している香穂は、少年の思いなど、気にも掛けていなかったが…。

ジャンルはノベル系のADVになります。

<感想>


夫の視点からのシナリオもありますので、
広義では寝取られものになるのでしょう。
ただ、夫視点はオマケみたいなものであり、
中心となるのは主婦の香穂視点のシナリオになります。
そのため、旦那の愛する妻が他人に寝取られるという、
いわゆるNTRとは楽しみ方が少し異なってくるのでしょう。
従って旦那等の寝取られる側に感情移入する部分が強い人だと、
少し満足度は減るのかなと。
むしろ妻が他の男との関係に溺れていく、
浮気ゲーと考えた方が相応しいのでしょうね。

シナリオ自体はオーソドックスであり、悪く言えば意外性がないものの、
良く言えば堅実に丁寧に仕上げていますので、
女性視点中心の浮気ゲーが好きな人ならば、まず楽しめるでしょう。

まぁ本作は、いわゆる間男がいけ好かないガキなんでね。
ここは、どうしても好みが分かれてしまうのかなと。
ショタX人妻の組み合わせが嫌いな人は、
そもそもプレイしようって考えないはずですから、ここでは除外して考えます。
ガキと人妻の組み合わせも良いかもって思う人でも、
ガキの設定が下のこれですからねw

「クラスメイトからあまり好かれていない男子。
結婚生活というのは、毎日タダでセックスができるお得な事だと思っている。
エッチなことばかり考えている童貞。」

個人的には、見た目も中身も、このガキは好きになれんかったw
まぁ、この辺は完全に好み次第なので、
いけ好かないガキに溺れていく人妻という設定が好きな人ならば、
むしろ大きなプラス要素になるところでもあるのでしょう。

ここまでだと、個人的には特に印象に残らない作品となりますが、
本作で一番印象的だったのが、人妻の声になります。
担当しているのは「沢野ぽぷら」さんで、
まだ同人とかマイナーな作品での仕事が多いようです。
品があって、艶も兼ね備えている人妻って感じでして。
ボイスを聴いているだけで満足してしまいます。
この作品における、一番の収穫でしたね。

<総合>


内容的には丁寧で堅実な作品ですので、
人妻視点の物語が合う人で、ショタとの絡みも好きな人ならば、
まず楽しめるのかなと。
個人的には、いつものことでもありますが、意外性や独自性を求めますので、
声抜きだったら凡作扱いしていたかもしれません。

ただ、とにかくヒロインの音声が最高でしたので、
それだけで佳作以上の価値があるって感じですね。
今後も沢野ぽぷらさんが人妻役を演じる作品が出るなら、
それだけ検討の価値があると。
そう思えたことが、個人的には大きかったですね。

ランク:C(佳作)

アナタごめんなさい、ワタシもう・・・。 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2385-ab38c38d
| ホームへ戻る |