『秘宝探索:スミソニアン ホープ・ダイヤモンドの謎』

『秘宝探索:スミソニアン ホープ・ダイヤモンドの謎』

『秘宝探索:スミソニアン ホープ・ダイヤモンドの謎』は、
2014年にPC用として、Big Fish Gamesから発売されました。
開発はEipixになります。

Hidden Expeditionシリーズの6作目となります。



<概要>


ジャンルはHOG+ADVになります。
オリジナルは『Hidden Expedition: Smithsonian Hope Diamond』であり、
2013年に発売されました。
本作は、それの日本語移植版になります。

シリーズ6作目となる作品ですが、本作からのプレイで支障はありません。

あらすじ・・・見慣れぬジャングルの中を猛スピードで進む密輸団の列車。
ホープ・ダイヤモンドのかけらのありかを教えなければ
仲間を痛い目に合わせるという一味の脅迫に負けてはならない。
何とかしてこの列車から脱出してすべてのかけらを見つけなければ!
スミソニアン博物館で展示されている世界的に有名なホープ・ダイヤモンドに
誰も知らない謎が隠されていたのだ!
血なまぐさい歴史を持つホープ・ダイヤモンドだが
呪われているといううわさは本当なのか?
密輸団の本当の狙いは何なのか?手がかりに導かれるままヨーロッパ、
そしてインドの奥地へ…
秘密組織、H.E.L.P.(秘宝探索保護同盟)の一員として新たな謎に挑め!

<感想>


スミソニアン博物館にホープダイヤモンドが絡んでくるので、
人によってはたまらない設定かもしれませんね。

HOGということで、基本はアイテム探しです。
アイテム探しの種類が豊富なのは当然として、
一回のアイテム探しの中で異なる種類のゲームを続けてプレイすることも多く、
それが本作の特徴とも言えるでしょう。

それと、ムービーが多めで随所に入ってきます。
アイテム探しやADVとしてのパズル要素だけだと飽きやすいって人でも、
本作のようにムービーが多めだと飽きずに楽しめるでしょう。

しいて言うなら、これといった突き抜けた部分がないので、
個人的には良作としておきます。
もっとも、逆に不満に感じる部分もない作品であり、
誰がプレイしても十分に楽しめる作品とも言えるのでしょう。
この手のジャンルとしては、どの部分も高水準であり、
完成度の高い良い作品だと思いますね。

ランク:B-(良作)

関連するタグ WIN /ADV /HOG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2382-2fa0ea81
| ホームへ戻る |