『Ricotte ~アルペンブルの歌姫~』

『Ricotte ~アルペンブルの歌姫~』

『Ricotte ~アルペンブルの歌姫~』は2003年にWIN用として、
RUNEから発売されました。

パッケージのリコッテが最高でした。

Ricotte

<概要>


現在はたぬきそふとでゲームを作っている野々原幹さんの、
RUNE時代の作品になります。

欧風な世界観と音楽を題材にしたサクセスストーリーですが、
ぶっちゃけ主人公と同居することになったリコッテに萌える、
リコッテゲーなのかとw

<ストーリー>


シナリオは大きく分けて2本になり、
主人公の性格が変わるという性質はあるものの、
どちらもリコッテに萌える作品と言えるでしょう。

まぁストーリーも悪くないのですけどね、
良くも悪くも普通なので、それが良いのか悪いのかも、
リコッテに対して抱く印象次第で変わってくるのですよ。

<グラフィック>


というわけでリコッテに対するこちらの愛情次第な本作。
原画はロリで有名な野々原幹さん。
私は特別ロリが好きというわけでもないのですが、
野々原幹さんの絵柄そのものが好きなので、
いまだにほとんどのゲームを買っています。

本作もパッケージの絵は最高に可愛かったのですが、
いざプレイしてみると、何かちょっと違う・・・

つまり思ったほど可愛く感じられなかったのですよ。
そう感じてしまった時点で、たぶん私は負け組みなんだろうな~

<総合>


意見はいろいろあると思うのですが、
私は野々原幹さんの絵はゼロ年代後半の方が好きです。
また、変態オヤジがあどけない少女に悪戯するのとか、
逆に少女に悪戯されるのが好きなわけでして。
つまり娘姉妹以降の方が好きなんですよね。
本作は普通すぎて、いまひとつ楽しみきれなかったです。

ただ、皆が皆、変態を好むわけではないですからね。
野々原幹さんの絵は好きだけど、変態路線は苦手って人もいるでしょう。
そういう人に薦めるのであれば間違いなくこれとなるので、
本作の有する魅力・需要というのは、今でも褪せることはないように思いますね。

ランク:D(凡作)

Ricotte

初回版 Ricotte

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2003」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2353-bb21b500
| ホームへ戻る |