『義妹は囀らない ~ココロのクサリ~』

『義妹は囀らない ~ココロのクサリ~』

『義妹は囀らない ~ココロのクサリ~』は2014年にWIN用として、
相討ちネガティブギャングから発売されました。

調教ADVのシリーズ4作目。
今回は黒髪ロングの義妹が対象になります。

義妹は囀らない dl

<概要>


義妹調教、恥辱の物語。
俺の家で引き取ることになった、義理の妹。
それは、白い肌と黒髪の美しい少女。
やがて芽生える、下劣な感情。
妹への精一杯の優しさは、憎しみへと変化していく。
容赦のない、凌辱。延々と繰り返される、調教。
処女を奪われ、絶頂させられ、失神する。
最愛の妹なのか、ただの肉便器なのか…!
その結末は、プレイヤー次第!
Nscripterによる、アドベンチャーゲーム。
ヒロインフルボイス(CV:長瀬ゆずは)
6種のマルチエンディング
基本CGは47枚(差分含め450枚以上)
シリーズを踏襲し、さらに進化。
好感度システム、絶頂カットイン、ラストスパートモード搭載。

<グラフィック>


ココロのクサリシリーズの4作目ということで、
このシリーズはいつもそうなのですが、CG枚数が多いです。
本作も基本CGは47枚あり、ミドルプライス並の量があります。
本作の価格を考えるならば、平均的な枚数の3倍くらいあるでしょう。

とは言うものの、質・内容が伴わなければ、
枚数だけ多くても満足にはつながりません。
ここは個人の好みもあるのですが、過去作の多くはメガネ娘だったり、
絵柄もぽっちゃりしていたりで、あまり私は魅力を感じられませんでした。
しかし本作のヒロインは黒髪ロングで眼鏡もない女の子で、
ようやく可愛いと思える絵柄になりました。
有名なシリーズだけど、絵柄で躊躇していた人も結構いたと思うのですが、
本作の絵なら比較的万人受けして良いのではないでしょうか。

<ストーリー他>


内容的には調教ADVになります。
恋愛に進むのか、調教して肉便器にしてしまうのか。
こういうプレイヤーの意思でどっちにも進めるジャンルは、
ゲームならではの特権ですからね。
個人的には非常に好きなジャンルです。
昔は結構あったけれど、本作のような同人作品でも探さない限り、
最近では少なくなってしまいました。
住み分けが最良の手段みたいに言う人もいるけれど、
属性による住み分けにより好きなジャンルが激減し、
困っている人もいることを理解してもらいたいものですね。

とにかく、調教ADVが好きな人には貴重なシリーズであり、
本作でも相変わらず高い水準をキープしています。
だからシリーズ未体験の人には非常にオススメなのですが、
ずっとプレイしてきた場合には、少しマンネリに感じてきたのかなと。

<感想・総合>


過去作をプレイしてきたこともあり、
私自身は少しマンネリに感じてしまいました。
完成度は高いかもしれないけれど、
その分シリーズ4作目として独自性が弱いですからね。
そのため、ここでは佳作としておきます。

しかし個人的にヒロインが今回のが一番好みというのもありますが、
今から初めてプレイするのであれば、本作が一番楽しめると思います。
この手のジャンルの近年の代表作の一つとして、
未プレイの人には強くすすめたいものですね。

ランク:C(佳作)

義妹は囀らない dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2342-71075db6
| ホームへ戻る |