信天翁航海録

信天翁航海録

『信天翁航海録』は2010年にWIN用として、
raiLsoft(レイルソフト)から発売されました。

因みに、「信天翁」はアルバトロスと読みます。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

信天翁航海録

アホウドリを漢字で書くと信天翁で、
英語の読みがアルバトロスなので、そうなるのでしょう。
個人的に信天翁は好きなので、タイトルに使われただけでも嬉しかったり。

内容的には須賀しのぶさんの、
『天気晴朗なれど波高し。』を思い出しましたね。
どちらも舞台は船と海、
そして出てくる人物はヘタレばかり。
須賀しのぶさんさんのその小説が好きだった私は、
本作も非常に楽しめました。
(関係ないですが『流血女神伝』はとてもオススメです。)

このゲーム、ホント登場人物はヘタレばっかです。
こんだけ吐きまくるヒロインも珍しいでしょうし。
でも、皆憎めないんですよね。
アダルトゲームには多くのヘタレキャラが出てきますが、
個人的には好きになれないのばかりです。
煮えきれない態度に、見ていてイライラしてくるんですよ。
そんな私でも、このゲームは大丈夫でした。
見ていて楽しい、愛すべき馬鹿ばかりでしたから。

今年のゲームの中では、ストーリー的にはかなり楽しめた部類でしょう。
しかし、問題点がないわけではありません。
1つ目は、ライターである希さんのテキストですね。
文学作品っぽい感じのテキストで、
その表現力はアダルトゲーム界でも随一でしょう。
熱狂的なファンがつくのも頷けるテキストです。
しかし、かなり1文が長いという傾向もあるんですよね。
ADVの中にはときどき、
このゲームは文章慣れしていないときついと言われるゲームがあります。
その多くは単に日常描写がダルイだけで、
慣れもクソもあるか慣れてる人ほど投げ出すわ、
と言いたくなるのばかりなんですが、
このゲームは本当に小説慣れしてない人にはキツイ気がします。
ノベル系ADVやラノベにどっぷりな人にはきついと言う意味で、
どうしても人を選んでしまうでしょうね。

1つ目の点は私には問題はないのですが、
(一つ言うなら、私は文学でも簡潔な表現の作品を好みます。
なので私の好みとは少しずれてしまうのですが、まぁこれはいいでしょう)
2つ目は、ジャンルの問題ですね。
デビュー作の『霞外籠逗留記』あたりは、
文学をアダルトゲーム的に表現したといえる内容でした。
他にそういう表現を出来るゲームは『好き好き大好き!』くらいしかなく、
それだけに新鮮な感覚で楽しめました。
本作は物語の内容自体は過去作よりも面白くなっています。
面白くなってはいますが、展開がラノベ的になってきたんですね。
この内容をこのテキストで面白く感じさせるというのも、
それはそれで力がある証拠なのでしょう。
しかし、この物語にはもっと軽快なテキストの方が合うと思うのですよ。
妙にアンバランスというか、
奇妙な据わり心地の悪さを感じてしまうのです。
ファン的にはこれが味にも感じられるかもしれませんが、
これまた合わない人も出てくるでしょうね。
良い意味でラノベ的になれば嬉しかったのですが、
個人的には悪い意味でラノベ的になっちゃったかなと思いました。

3つ目は、システムですね。
私はあまりシステムにはこだわらない方なのですが、
ノベル系ADVをホイールで進めるのには馴染んじゃったものでして。
今では同人でも対応しているのに、本作は対応していません。
久しぶりに延々とマウスクリックしましたよ。
これは気にならない人は気にならないかもそれませんが、
ちょっと他所より不便でしたね。

総合的には、上記の2つ目と3つ目の点がひっかかったのと、
もう一つ明確な特徴に乏しいことから、
良作止まりってところでしょうか。
とはいえ、十分楽しいゲームではありました。
特にライターはこの業界では稀有な人材なので、
今後もこのブランドは注目していくと思いますね。

ランク:B(良作)

信天翁航海録

信天翁航海録(アルバトロスこうかいろく)

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2010」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/233-5cae410b
| ホームへ戻る |