『しろくまベルスターズ♪』

『しろくまベルスターズ♪』

『しろくまベルスターズ♪』は2009年にWIN用として、
PULLTOPから発売されました。

トナカイな主人公に興味があったものですからw

しろくまベルスターズ♪

<感想>


星降るクリスマスイブの夜、
人々へ幸せをお届けするのがお仕事のサンタクロース。
そのパートナーとして、専用のソリで夜空を飛び回る、
トナカイと呼ばれる者たちがいた。
とあるイブの夜。サンタと出会った少年は、
サンタと共に星空を駆ける、トナカイの姿に強い憧れを抱く。
やがて月日は流れ――
かつての少年・中井冬馬は一人前のトナカイへと成長を遂げ、
新米サンタ・星名ななみとペアを組むことになる。
期待とちょっぴりの不安を胸に、
ふたりが向かう先は不思議なことが起こると伝えられる、
ツリーが眠る町――しろくま町――。

ジャンルはノベル系のADVになります。

<感想>


サンタクロースを現代風にアレンジした作品であり、
設定がちょっと面白いなと思って興味を持った作品でした。

まぁたぶん一番のうりは、藤原々々さんが原画を担当するグラフィックであり、
キャラが可愛いのはもちろんのこと、演出面全般も良かったように思います。
何ていうか、序盤は理屈抜きに楽しかったです。

萌えるキャラにテンポや勢いもあり、
明確な季節設定の下、雰囲気が良い作品でしたね。
世間的にも万人受けするとか初心者向けと呼ばれやすい作品なのでしょう。

かように途中までは楽しかったのですが、
ストーリーそのものは特に目立つ部分もないですし、
展開の幅が狭いのでずっとプレイしていると単調に感じやすいですしね。
良くも悪くも普通って作品でした。

<総合>


可もなく不可もなくということで、総合では佳作としておきます。
長所や、逆に短所がはっきりしていれば、いろいろ書くこともあるのですけどね。
極端な長所も短所も少なく、かつ序盤が面白いのに次第に盛り下がる作品なので、
ある意味一番書きにくいタイプの作品でもありました。

エロゲ業界は、ときどきユーザー層の入れ替わりを促すような時期がきますが、
個人的には2009年は初心者向けの作品が多かったように思うわけでして。
本作も、その中の一本なのでしょう。
自分自身はそれほど楽しめたわけでもないですが、
入門用としては無難にまとまった良い作品だったのかなと思いますし、
業界的には、こういう作品も必要だろうなと思ったものです。

ランク:C-(佳作)

しろくまベルスターズ♪

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2009」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2326-e420a776
| ホームへ戻る |