『フレラバ ~Friend to Lover~』

『フレラバ ~Friend to Lover~』

『フレラバ ~Friend to Lover~』は2013年にWIN用として、
SMEEから発売されました。

SMEEお得意のイチャラブゲーになります。

フレラバ

<概要>


ジャンルはノベル系のADVになります。

今年もまた春が来た。桜が咲き乱れ、新しい生活の始まりに想いを寄せる季節だ。
この学園生活も2年目に入り、
ようやく余裕も生まれてきたときに周りに目を向けると……
「これからブリーフ狩りを始める。ボクサーパンツはセーフ、
ノーパンは論外だ!」
「おい! この部屋のパンツ放置してたらキノコ生えてきたんだけど!!」
「ごめんね? 僕リザードマンにしか欲情出来ないんだ」
「……風が泣いているな」
俺の周りはこんなヤツらばかりだった。
いや、確かにコイツらとつるんでいるのは楽しい!
だけど俺の学園生活は…たった一度の青春はこんなもので良いのか!?
満ち足りているけど満ち足りていない。そう、足りないものに気付いてしまった。
俺だって健全な男のコ。だからこそやっぱり 彼女が欲しい!!
思えば変わっていくもの、気付くもの。男も女も想いは同じ。
『俺は(私は)恋がしたい』
そこから始まる恋心。―待っていたって恋は始まらない。

<感想>


『ラブラブル』の劣化版、以上。

・・・ってだけで終わっても構わないのですが、さすがに味気ないか。
このブランドが得意とするイチャラブゲーであり、
ストーリーらしいストーリーはありません。
共通ルートはギャグ中心にヒロインと仲良くなるまでを描き、
個別ルートでは選んだヒロインとのイチャラブが描かれます。
会話自体は前作同様に楽しめましたし、イチャラブだけが目当てならば、
まず楽しめるでしょう。

ただ、ブランド過去作と比べた場合、やっていることに大差がないので、
気に入ったヒロインがいれば今作も楽しめるでしょうが、
いなければマンネリと感じ始める人も出てくるでしょうね。

個人的にはマンネリ感の方が強かったです。
まぁマンネリでも同じクオリティを維持していれば楽しめますが、
二人だけのイチャラブを強化したと言えば聞こえは良いけれど、
ガジェットや周りの関係など、イチャラブを彩る周囲の利用に関して、
『ラブラブル』よりも劣化しているわけでして。
『ラブラブル』の時ほどの工夫や配慮を感じられませんでした。

共通ルートではフレンドパートとして会話内容を選べますが、
ゲームの攻略と連動していないですからね。
ギャルゲーの劣化版のような印象でしかなく、
それでいて無駄に量が多いものだから、
単なる時間稼ぎのようにすら感じてしまいます。
もう少し工夫できたと思うのですが。

<総合>


以前は期待したブランドだったのですが、進化どころか劣化しているようで、
個人的にはあえてプレイするまでもなかったなと。
その意味で凡作としておきます。

もっともイチャラブばかりなのも確かなので、
その点だけを求めるなら楽しめる作品ではあると思いますね。

ランク:D-(凡作)

フレラバ



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2013」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2321-d5a8d701
| ホームへ戻る |