『グランストリーム伝記』

『グランストリーム伝記』

『グランストリーム伝記』は1997年にPS用として、
SCEから発売されました。

製作はシェードで、シナリオ・音楽等はクインテットが担当しています。

グランストリーム伝記

<ゲームデザイン>


PS初のフルポリゴンRPGとして発売されたのが、
この『グランストリーム伝記』でした。
ジャンルはアクションRPGになります。

アクション系は苦手ではあるけれど、決して嫌いなのではなく、
昔は結構やっていたんですよね。
ただ目に疲労が溜まりやすいので、年々避けるようになっていますけれど。
でも、それでも時に手を出さざるをえないと考える場合があるわけでして。

ハードにはそのハードの特徴を活かした作品というのがあります。
PC-FXなんかは、アニメ動画をふんだんに使った作品をやらないと、
あまり意味がないですしね。
じゃあPSの特徴は何だったのかというと、それはやっぱりポリゴンなのでしょう。
当時のハード争いではPSやSSよりPC-FXや3DOが先行して発売されましたが、
PC-FXや3DOは動画再生に特徴がありました。
PCは高解像度による描き込みには優れていましたが、
3D機能は弱かったですからね。
ポリゴンを活かした作品を堪能するとなると、やっぱPSなのでしょう。
それで購入した『機動戦士ガンダム』は衝撃的でしたし。

他ジャンルでポリゴンの良さを堪能できるのであれば、
あえてアクションRPGを買うまでもないのでしょう。
しかしよくよく考えると、私が普段プレイするADV・RPG・SLGなんてのは、
あまりポリゴンの恩恵がなかったのですよ。
立体的にすることで生まれる良さってのと、縁がないのです。
この良さを感じるにはアクション系の方が良いですし、
それでいて普段プレイするジャンルとも近い物となると、
アクションRPGしかないのです。
だからずっと出るのを待っていた、待望の作品だったんですね。

こういう技術なんて年々進歩するものだから、
「今となっては~」なんて言い出すのは野暮ってものです。
「あの時あの時点」で私の望みを満たしてくれるのは本作しかなかったのだし、
唯一無二であると同時に、やっぱりポリゴンすげぇなって思ったものです。

ARPGということで、戦闘は一人で行うことになります。
少し難しく感じたのは、本当にゲーム自体の難易度が高かったのか、
それとも単に私がヘタレなのかは分からないです。
ARPGに詳しい人がプレイすればまた違った印象になるかもしれませんが、
個人的にはこれで十分でしたかね。
ただ、地味な印象があるのは少し問題かもしれませんけれど。

<総合>


発売前にイース関係者の手がけた作品と聞いていて、
勝手にゲーム部分を担当したのかと思っていましたが、
どうやら違っていたようです。
イースI・IIのシナリオを手掛けた宮崎友好さんが、
この作品のシナリオも担当しているということのようですね。

ストーリーも悪くないはずだし、
グラフィックも良いし、セーブとかも早くてプレイを阻害しないのですが、
何故だか淡々と進行し地味な印象が強かったような作品でもあり、
不思議な作品でしたね。

グランストリーム伝記

PSソフトグランストリーム伝紀

関連するタグ PS /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2311-819ba255
| ホームへ戻る |