『夢恋転生』

『夢恋転生』

『夢恋転生』は2008年にWIN用として、
TinkerBellから発売されました。

性転換してしまう、いわゆるTSものとして有名な作品ですね。

夢恋転生

<概要>


ジャンルはノベル系のADV。

あらすじは以下の通り。
主人公・浅羽響は何の変哲もない男子大学生…だった。
しかしある時、不思議な体験をしたことをきっかけに、
体が完全な「女の子」になってしまった!
一体どうしてこんなコトに!?
響の彼女は響を何とか男に戻そうと必死。
けれど響は、他の気になる「男の人」が出来てしまって…。
複雑な人間関係にどう決着をつけるのか?
少し不思議なラブストーリーです。

<感想>


主人公は男性だったのですが、ある時、体が女性になってしまいます。
そして女性の体で過ごすうちに、心まで女性になっていくという、
いわゆるTSものになりますね。

ライターが女性ということもあってか、
女性の心理ないし段々と女性に変化していく部分は良かったです。
TS系作品自体の数が多いわけではないですが、
その中でも優れた作品と言えるのでしょう。

それ故、ゲームに何を求めるかにもよりますが、
もしこの部分だけを求めるのであれば、
名作と感じる人がいても何ら不思議のない作品だと思います。
最低でも良作として十分元が取れると思いますので、
この手が好きならオススメできる作品と言えるでしょう。

ただ、それ以外の部分が基本的に平均かそれ以下だったりするわけでして。
キャラデザも好みではあるのだけれど、どことなくチープに見えてしまいます。
共通部分の日常会話や立ち絵など、いたって普通なんですよね。
そのためシナリオ以外にも注目する人、
TSものが大好きって程でもない人がプレイすると、
何だかあまり面白さを感じられないような作品でもあり、
その辺が短所でもあるのでしょう。

<総合>


ここまで心身共に女性になっていく作品も珍しいし、
希少性だけでなく、当該ジャンルを好きな人ほど楽しめる作品ですから、
通向けの作品であることも加味して良作としておきます。

もっとも、上述のように、
TSものが大好きであれば名作に感じられる可能性も秘めているかわりに、
あまり興味のない人には平均以下に感じられる可能性もあります。
極端に感想が変わりうる作品だけに、
検討している人は自身の属性を見極めてからの方が良いでしょうね。

ランク:B-(良作)

夢恋転生



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2008」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2301-eaf8f70a
| ホームへ戻る |