マイト・アンド・マジック 6

マイト・アンド・マジック 6

『マイト・アンド・マジック 6: ザ マンデート オブ ヘブン』
(Might and Magic VI: the Mandate of Heaven)は、
1998年にWIN用として発売されました。

ゲームジャンル:RPG

マイト・アンド・マジック 6

端的に言えば自由度重視のRPGになります。
この頃は自由度重視のRPGはまだマイナーではありましたが、
少なからず存在していましたし、熱狂的なファンもいました。
そもそも、M&Mとしてもシリーズ6作目になりますしね。
本作は難易度も高いですし、
100時間も遊べるボリュームも半端じゃなく多いので、
単純にゲームとしても間違いなく良作以上の出来です。

ただ、他の自由度重視のRPGと比べて、
ゲーム的に何か突出しているかと言われると、
必ずしもそうでもないんですよね。
だから純粋にゲーム部分だけなら、
或いは名作足りえなかったのかもしれません。

しかし、実際に私はかなりはまりました。
その理由はグラフィックです。

この頃には3DのRPGも幾つかありましたが、
自由度重視の作品で面白いものとなると、
まずなかったかと思います。
自由度重視の作品ではどちらかというと『ディアブロ』系のような、
PCの解像度を活かした細かく書き込んだものが多かったですからね。

それはそれで良いのかもしれないけれど、
せっかくハードが進化しているわけですから、
3Dの迫力ある画面でもやってみたいわけです。
だからこそ、3Dで発売された本作の存在は圧巻だったのです。

優れたグラフィックに高いゲーム性、
ボリュームもとても多く、非常に優れた作品でした。
M&Mシリーズとしては、個人的には最高傑作だと思います。
(翌年にはS・RPGのヒーローズオブマイトアンドマジック3が出ますが、
この頃がM&Mシリーズの絶頂期に思うんですよね。)

世間一般では翌年の『バルダーズゲート』の方が評価は高いでしょうが、
BGは癖がありますしね。
自由度重視とは言ってもいろいろ方向性も違います。
それ故、BG購入後もしばらく遊んだものです。
つまり、SRPGみたいに最後まで緊張した戦闘を楽しみたいならBGで、
それとも最強パーティを育てて俺って強ぇ?を堪能したいなら本作で、
方向性が全然異なるわけですね。
だからどっちが優れていると一概に言えるものではなく、
ここはもうRPGに何を求めるのかっていう好みの問題になるのでしょう。

あえて不満を言えば、キャラが致命的に不細工なことでしょうか。
さすが洋ゲーですw
分かってはいても、中々馴染めなかったですね?
私はやっぱり可愛いキャラや格好良いキャラの方が好きですし。

このキャラの問題やストーリーがそれ程でもないってことで、
最終的にはAになりました。
もっとも、これはADV好きな私の好みと評価の傾向からくるもので、
生粋のRPGファンならば、
傑作と評価されても何ら不思議でない作品でしたね。

最近の3Dの洋ゲーのRPGはFPSと混ざった感じで、
アクション系の要素が強いです。
売れるだけあって今はそういう物の需要が高いのでしょうが、
本作のような4人パーティーの非アクション系のRPGの3D物も、
必ず需要があると思うんですよね。
というか、アクション系をプレイしない私には、
最近は守備範囲外となってしまうRPGばかりですし。
できるなら、今の技術でこういうゲームがやってみたいものですね。

ランク:A(名作)

マイト・アンド・マジック 6



関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/230-ac60fe28
| ホームへ戻る |