Shinc

Shinc

『Shinc(シンク)』は1993年にPC98用として、
リビドーから発売されました。

アダルト専門のリビドーとしてはこれがデビュー作になります。

ゲームジャンル:ダンジョンRPG

shinc01.jpg

さて、リビドーとしてはデビュー作ではあるものの、
それまでにもきんぷくりんブランドでゲームを作っていたので、
比較的馴染みのあった人も少なからずいたでしょう。

もともとRPGを得意としたブランドということもあってか、
本作のジャンルもRPGになります。
後にwindows用のリメイクが作られていますが、
あれの出来はよくなかったわけでして。
しかし、このオリジナル版は無難によく纏まっていたと思います。
良くも悪くも普通に楽しめるRPGって感じですね。

もっとも、それだけなら記憶に残らなかったのでしょうが、
本作は1点だけ目立った特徴がありました。

アダルトゲームと言えばHシーンにおけるCGが絶対に欠かせないのですが、
この頃妙にスクロールするCGってのが流行っていたんですよね。
それも2画面から3画面と次第に画像も大きくなっていきました。

私はこのスクロールするCGの良さがサッパリ理解できなかったのですが、
流行っていたっていうことは、それなりに需要があったんでしょうかね?
だとしたら私は流行に乗り切れなかったということなのでしょうが、
私の好き嫌いは別として、とにかくそういう傾向があったわけです。

その流れを受けてか、本作のCGもスクロールタイプでした。
もっとも単に流行に乗っただけにはおさまらなかったわけで、
実に8画面スクロールというほぼ等身大で描かれたCGだったのです。

これまでにも3画面スクロールとかはありましたが、
8画面等身大なんてのはこれが初めてだったんではないでしょうか。
とにかくインパクトだけは絶大で、
さすがに何かよう分からんけどとにかくすげぇ~って思ったものです。

良くも悪くも、このゲームの特徴はこれだけです。
リビドーのキャラデザは可愛くて好きなのですが、
その可愛いキャラが等身大で描かれる。
この点にどれだけ価値を見出せるのかが、
評価の大きな分かれ目になるんだと思います。

ゲームの基本ラインは無難に纏めた作品と言うことで、
せいぜい佳作止まりってところでしょう。
それに加えて、スクロール系のCGが好きな人ならば、
本作は良作以上にもなるのかもしれません。

ただ、私はもともとスクロール系が苦手なだけに、
本作は無駄な部分に力を入れてるようにしか思えなかったんですね。
8画面の等身大とは言いますが、考えてみると立ち姿の半分は脚です。
4画面は脚にとられているわけで、脚フェチの人にはたまらないかもですが、
私には無駄な部分だったんですよ。
やっぱり1画面に全部映っていないと、気分的に盛り上がらないのです。

そういうわけで私の場合はこの特徴がプラスには作用しなかったので、
トータル的にも佳作止まりです。
まぁ、面白いかどうかはさておき、
スクロール系のCGが流行っていたのは事実だし、
その代表格と聞かれると真っ先に思い浮かべるのが本作なわけで、
そういう意味で忘れられない作品の1つと言えるのではないでしょうか。

ランク:C-(佳作)

PC-9801 3.5インチソフト Shinc

関連するタグ PC98 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/225-f721a031
| ホームへ戻る |