<漫画> セントールの悩み (村山慶・徳間書店)

<漫画> セントールの悩み (村山慶・徳間書店)

『セントールの悩み 1巻』(村山慶・徳間書店)を読みました。

時代はケンタウロス娘。
新しい属性に目覚めそうな作品ですね。

セントールの悩み

<概要>


商品紹介は以下の通り。

「【姫】こと君原姫乃はケンタウロスの形態をした女子高生。

竜人の獄楽希、角人の名楽羌子、翼人の御魂真奈見・・・
それぞれの形態をしたクラスメイトたちと一緒に
ごく普通の高校生活を送っている・・・。

第8回龍神賞出身の大型新人がお届けする話題作。
新時代のヒロインはケンタウロス! 」


<感想>


う~ん、まさかケンタウロスに萌える日が来るとはな~

あらすじ自体はシンプルで、
学園を中心に日常を描いた作品となります。

もっとも登場人物が人間ではなく、
主人公である人馬のケンタウロスの娘をはじめとして、
翼人とか竜人とか幻想世界の生物なのです。

かなり人間に近い形態のキャラもいますが、
主人公が主人公ですからね。
ケモノっ娘が好きな人とかに向いているように思います。

人間と根本的に形態が異なるため、
服の脱ぎ方からトイレの仕方まで全て異なってきます。
そういう細かい部分をきちんと考えて描いているので、
ありふれているはずの日常風景が新鮮なものに感じられるのです。

世界設定とかもいろいろ考えてあるので、
細かい部分の設定とかにこだわる人にも良さそうですね。

ほんわかした主人公の姫が可愛かったのが一番の魅力なのですが、
事前に想像した以上に新鮮さや可愛さがあったわけで、
これは思った以上にアタリで面白かったですね。

セントールの悩み

関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「漫画・ラノベ(刊行中)」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2248-22a51d5e
| ホームへ戻る |