あしたの雪之丞

あしたの雪之丞

『あしたの雪之丞』は2001年にWIN用として、
elf(エルフ)から発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
原画 ながせまゆ

あしたの雪之丞 DVD specialedition

蛭田さんのいない新しいエルフの形、
それに加えて原画にながせまゆさんを迎えたことで、
話題性は高い作品でした。

さて、ジャンルはノベル系のADVで、移動はマップ選択式でした。
誰がどこにいるかも分かりますし、攻略は結構易しかったかと思います。

内容的には学園恋愛モノになりますが、
主人公の這い上がっていく姿を描いているという点で、
熱血路線の主人公の成長を描いたゲームでもありました。

ストーリー自体はよくある、ごく普通の内容でしょう。
特に叩く部分もないので初心者なら普通に楽しめそうですが、
一杯やっている人には何も残らないような類の内容でした。
そういう意味では、基本的に初心者向けのゲームなのでしょう。

ただ、テキストにパロディー路線の傾向が見て取れますので、
そういう路線が苦手な人は避けるべきでしょう。
私は誰もやってなかった当初は評価していたのですが、
今ではパロ系が増えすぎてすっかり嫌になっています。
『あしたの雪之丞』 の発売された頃はどっちでもないって感じでしたが、
楽しめても元ネタが凄いのであってライターの腕とは関係ないですからね、
素直に評価できないのですよ。
特に『あしたの雪之丞』 はストーリー自体も王道でありきたりなだけに、
余計にもセンスのなさを感じてしまいます。

とは言うものの、ながせまゆさんの描くキャラは可愛かったですからね、
これだけでも元が取れるってものです。
エルフの塗りも相変わらず良いですしね。
本来の目的である絵買いとしては、十分に及第点以上だったでしょう。

そういうわけで内容的には凡作程度なのですが、
キャラが可愛く絵が綺麗で元は取れたと思うので、
総合的には佳作としておきます。

まぁ、及第点は取れてると思いますし、
新規のメーカーならこれでも良かったのでしょう。
或いはかつてのエルフを知らなかったり関心がない人であれば、
意外とすんなり楽しめてしまうかもしれません。

しかし、エルフのゲームではなかったですね。
東の横綱として頂点を極めていた時代がありましたが、
その時代だって凄いゲームばかりではありませんでした。
中には今回はイマイチだな?ってのも幾つもあったわけです。
でも、それでも何かしら見所はあったわけで、
攻めた結果外れた場合がほとんどでした。
頂点に君臨していると言われてはいたものの、
エルフは常に挑戦し続けていたところだったわけです。
あしたの雪之丞は確かに普通に無難には楽しめるのでしょうが、
完全に守りに入った作品でした。
評価とは関係のない話ではあるのですが、
あぁ、エルフの時代は終わったんだなと思わされた、
そんな作品でしたね。

ランク:D-(凡作)

あしたの雪之丞 DVD specialedition

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/224-ac8126a6
| ホームへ戻る |