『イジめて まにあっく!!』

『イジめて まにあっく!!』

『イジめて まにあっく!!』は2005年にWIN用として、
エムサイズから発売されました。

完全なるエム向けの作品ですね。

イジめて まにあっく!!

<概要>


ジャンルはノベル系のADVになります。

幼馴染み、清楚な先輩、そして、無邪気な年下の少女……
サディスティックな性癖を隠し持つ、3人の
ヒロインたちによって導かれる倒錯の世界。
禁断の性癖に目覚めた主人公が行き着く先は、
果たして……?

<感想>


ドM向けのゲームを作るサークルとして有名なエムサイズ。
たぶん今なら、マゾ向けゲームが好きで、
かつ同人ゲームもチェックしている人ならば、
エムサイズの名は知っているように思います。
そのエムサイズの、確かこれが最初の作品だったように思います。

マゾ向けゲー、しかも特化作品ですので、
蹴られたり殴られたりというシーンが多いです。
肉体的な痛みを伴う行為が多いので、
中途半端なマゾでは逆に引いてしまうかもしれません。
中にはチン切りなんてシチュエーションもありますからね。
・・・あれは、見ていて痛いw
虐められるほどに射精が増すという主人公のように、
心底ドエムな人ほど楽しめる作品なのでしょう。

個人的には調教SLGを好む、つまりSな方の人間なのでね、
Mの心境というのは完全には分かりかねます。
いや、精神的なものなら結構わかる気もするのですが、
肉体的に痛いのが嫌なので、それを喜ぶ心理がよく分らないということですね。
もっとも、私は自分の好みと評価はあまり連動しませんので、
こういう世界もあるのだねと、ここまで突き抜けてくれたら、
立派な長所だねと考えるわけでして。
まだ本格的なマゾ向けゲームがほとんどなかった時期の作品だけに、
これは人によっては唯一無二の作品にもなりえたでしょう。
長所だけなら、文句なしに名作級です。

他方で、同人ということを考慮しても、ちょっとボリュームは少なかったです。
ルートが3つありますので、その分、1つ1つが短くなりますし。
それと、本作には声がないんですね。
この辺は好みの問題でもあるのですが、
私はストーリー重視とかだったら音声はなくても構わないのですが、
エロ重視の作品では音声が欲しくなってしまいます。
エロ重視の作品では比較的早くから音声が標準化しているだけに、
2005年の作品で音声がないのは少しもの足りなく感じてしまうのです。
その点だけは、ちょっと残念でしたね。

<総合>


完全に人を選ぶ作品です。
自分の好みでない作品を楽しめない人で、
かつマゾ向け作品に理解が持てない人は絶対に楽しめないので、
プレイしない方が良いでしょう。

上記のように、個人的には長所は名作級だと思いつつも、
音声がないことなど幾つかマイナスもあることから総合では良作としておきます。
もっとも、音声がなくともシチュだけで満足という人もいるでしょうし、
そうであれば名作に感じるというのも十分に納得できる作品ですので、
自分はドエムだと思う方にはぜひプレイしてもらいたい作品ですね。

ランク:B-(良作)

イジめて まにあっく!!

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2225-ab0b9876
| ホームへ戻る |