『純情アイドル どすけべプロデュース ~星空ゆずの種付け搾乳計画書~』

『純情アイドル どすけべプロデュース ~星空ゆずの種付け搾乳計画書~』

『純情アイドル どすけべプロデュース ~星空ゆずの種付け搾乳計画書~』は、
2013年にWIN用として、pin-pointから発売されました。

「エレクトさわる氏がついにゲーム初原画」ということで、
気になった作品だったのですが・・・

純情アイドル

概要


ジャンルはノベル系のADV。

商品紹介・・・
可愛らしく、巨乳の女の子を描くことに定評のある「エレクトさわる氏」が、
ついにゲーム初原画!
思わず触りたくようなムチムチとした肉感ボディをたっぷりと描いています!

アイドルオタクの僕の家に、
突然あこがれのアイドル(処女だけど実は淫乱)がやってきた!

・はじめてはこの格好で……アイドル衣装を着たまま騎乗位処女セックス
・胸が張って辛いという彼女のために……搾乳マッサージで母乳吹き出し
・アイドルだって経験豊富じゃなきゃやっていけない……アナル開発
・人に見られることをもっと意識するために……野外露出セックス
・人前で羞恥心を感じないために……よりエッチながに股ダンスレッスン
・番組中も艶のあるアイドルで居て欲しいから……バイブ装着生放送
・ファンあってのアイドルだから……ファンの皆に感謝の搾乳会!

<感想>


主なシチュは上記の通りです。
ほとんどエロシーンですので、
少しでもストーリー性を求めるなら満足できないでしょうが、
エロ以外は不要と考えるならば、楽しめる確率は高くなるでしょう。

本作は成年漫画では有名なエレクトさわるさんが原画を担当し、
個人的にも漫画には好きな作品があり好みの絵柄であることから、
専ら期待したのはグラフィックでした。

グラフィックに関しては、質の面では好みの絵柄ということもあり、
個人的には満足できたように思います。
しかしながら、定価が2100円のところに基本CG12枚というのは、
価格を考慮しても少なすぎます。

シナリオの満足度が少なく、グラフィックが最大の特徴となりうるだけに、
その特徴となりうる部分で客観的な量が足りないというのは、やっぱり痛いですね。

総合


「エレクトさわる氏がついにゲーム初原画」というのが唯一の特徴であり、
良くも悪くもそれだけといった印象の作品でした。
氏のファンならどうしても気になってしまいますが、
初原画という価値を考慮しても総合では凡作といったところでしょうか。
ちょっと残念でしたね。

ランク:D(凡作)

純情アイドル

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2013」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2223-2426e984
| ホームへ戻る |