『ALIVE』

『ALIVE』

『ALIVE』は1998年にPS用として、
ゼネラルエンタテイメントから発売されました。

同名のADVは他にもありますが、今回はPSの実写ゲーの方です。

ALIVE

<ゲームデザイン>


ジャンルはインタラクティブムービーになります。

具体的には音声付の実写ムービーが流れていて、
たまに出てくる選択肢を選ぶという感じですね。
映画を見ながら部分的にプレイヤーが介在するような作品であり、
古くはLDゲームであったような非常に古典的なタイプです。

これはこれで一つの完成された形式とも言えますし、一定の需要はあるのでしょう。
ただインタラクティブムービーが生まれてから何年も経っていますし、
その間にPCのADVでは様々に発展していたのです。
インタラクティブムービーと呼ばれるものでも、初期と後期では異なりますし。
そんな中での初期タイプのような本作ですから、
一体何年前のゲームだよと、やっぱり少しは思ってしまいますよね。

<ストーリー>


近未来を舞台としたすこしサイバーパンクな世界観。
ジャンルとしてはアクションものになりますね。
細かい内容は忘れてしまいましたが、面白くはなかったのかなと。
どうやら世間でもそういう風に認識されているみたいなので、
やっぱり物足りなかったのでしょうね。

ただ面白いかと聞かれたらノーと答えるものの、それほど嫌いではないのですよ。
本作が駄目とされるのは、プレイヤー置いてけぼりで、
超展開と言われかねない急で意味不明な展開にあります。
つまり良し悪しを抜きに考えるのであれば、展開自体は早いのですよ。
音声付ムービーで動きは常にありますし展開も早いので、
だれることだけはなかったのかなと。
私にとっては、破綻した超展開というのは、
眠くなるありきたりな日常描写よりはよっぽどましですから。

<総合>


決して面白いとは言えないし、こういうのがメジャー機種で出るから、
実写ゲーに対する世間のイメージが悪くなるのだろうなと思ったりも。
しかし、実写ゲーと言いつつ、
動かないしゃべらないなんてゲームもありますからね。
実写ゲーはわりと早くから動くしゃべるがセットになってきましたので、
動かないしゃべらない実写ゲーには激しく抵抗があります。
そういう点では、きちんと動きしゃべる本作は、まだマシだったのかなと。
なのでギリギリですが、佳作としておきたいと思います。

ランク:C-(佳作)

ALIVE

ALIVE (ADG)

関連するタグ PS /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2210-31a4184b
| ホームへ戻る |