『CANDY GIRL』

『CANDY GIRL』

『CANDY GIRL』は2005年にWIN用として、
Le.Chocolatから発売されました。

業界初の等身大ドールADVであり、インパクトの強い作品でしたね。

CANDY GIRL

<概要>


ジャンルはノベル系のADVになります。

プレイヤーは、普通の会社員であり、兄であり、調教師・・・
最初の選択肢で、プレイヤーは自分の運命を選択することになり、
その運命を歩むことになります。
しかし、変わり行く運命の中でただひとつ変わらない事があります。
それは、あなたの相手が人形であるということ。
そして、その人形たちは魂を持ち、
あなたと接することで様々な運命を歩んでいきます。
果たして彼女たちは、人と同じ生き方を選べるのでしょうか。

<グラフィック>


2Dの絵でもなければ、ポリゴンの3Dキャラでもない。
一応実写ゲームの範囲に含まれるのだろうけれど、
生身の女性を使った作品でもありません。
専門メーカーのオリエント工業製の人気ドール「CANDY GIRL」をヒロインにした、
業界初の作品なのです。

フィギュア・人形を使用したソフトウェアという広い範囲で考えるならば、
WIN95登場時辺りにどっかがやってそうな気もするのですけどね。
基本的に当時あまり興味がない分野だっただけに個人的にも記憶に残っていないし、
あの時期のソフトを網羅して把握している人もいないでしょうから、
探しても咄嗟には出てこないかな。
ただ、あの時期に仮に何かしら発売されていたとしても、
等身大ドールは本作が初めてになるのでしょうね。

等身大ドールと言っても、個人的には安いのしか知らなかったこともあり、
本作の映像を見た時には非常に驚いたものでした。
今はこんなに可愛いドールがあるんだ~って。
やばいな~これなら一つ欲しいな~とか思ったりもしたけれど、
調べたら桁が全然違うんですね。
額にも驚いたけれど、最高のクオリティを生み出すためには、
必要な金額なのかもしれません。
お金があることは当然のこととして、他にもいろいろ犠牲にした上で、
何より本当に好きな人向けの完全な大人の趣味なのでしょう。

何体か購入して様々なシチュエーションを楽しむのも非常に面白そうだけれども、
現実には自分には無理なように思います。
現実には無理なことを疑似的にでも体験させてくれるのがゲームの利点だとすれば、
本作はまさしく夢を疑似的に体験させてくれた素晴らしいゲームなのだと思います。

<ストーリー>


本作はオムニバスのADVです。
具体的には、主人公は「会社員」「兄」「調教師」の何れかを選び、
それに応じた3人の女性との疑似生活を堪能することになります。

ストーリーも意外としっかりしていて楽しめるのですが、
ボリュームが少なすぎて数時間で終わってしまうのは残念でしたね。

<総合>


コストパフォーマンスという言葉を、どういう風に捉えるのか。
価格に対するクリアまでにかかる時間で判断するのであれば、
すぐに終わってしまう本作はコスパの悪い作品となるのでしょう。
そのように考える人には、本作は絶対に向きません。

しかしね、一体数十万円するドールを何体も使用し、
様々なシチュエーションでロケをするのは、個人ではまず無理ですからね。
小さいフィギュアと違って、等身大ドールは重さだけでも数十キロありますし、
こちらが思うように自由に動かせるものでもないですから。
それも考えると、よく作ったものですよ。
こういう世界もあるのだねと体験させてくれただけでも大きな意味があるし、
それ故に決してコスパの悪い作品には思えないんですよね。

まぁボリュームがもう少しあれば名作扱いしたのでしょうが、
不足しているのも事実なので、ここでは良作としておきます。
ただ唯一無二の存在としてプレイした人に強い印象を与えるのは確かであり、
新鮮な気持ちを感じられる作品を望むのであれば、
プレイする価値のある作品だと思いますね。
Le.Chocolatは業界にとって異端な作品を作る傾向の強いブランドでしたが、
その中でも特にインパクトのある作品でした。

ランク:B-(良作)

CANDY GIRL

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2005」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2208-2017e097
| ホームへ戻る |