『人魚の涙』

『人魚の涙』

『人魚の涙』は1984年にPC88用として、
帝国ソフトから出された同人ソフトになります。

初の同人ソフトとは何かという話題で、よく名前の出てくる作品ですね。

人魚の涙

<前置き>


『人魚の涙』は同人ソフトの元祖として有名な作品です。
もっとも同人のゲームはそれ以前にもあったみたいで、
あくまでも「同人ソフト」と名乗ったのが最初ということみたいですね。

まぁ私は実質的にどうかという話題なら興味はあるものの、
最初に名乗ったとかという形式的な面にはあまり興味が持てません。
それとあまり同人市場全般の歴史にも興味がないこともあって、
正確なところは知らないので、ここは詳しい人に委ねますけどね。

とりあえず同人ゲー自体はそれ以前にもあったとすると、
あまり本作に大した意味もないように思いますが、
むしろ大事なのは後の名作『カオスエンジェルズ』を作ったメンバーが、
この作品を作ったということなのでしょう。
その意味で尚、資料的価値は残っているのかなと。

<ゲームデザイン>


ジャンルはコマンド入力式のADVになります。
つまり、「ハナス」とか「ススム」と直接入力するわけですね。

コマンド入力式も様々なものがありますが、
本作は動詞コマンド一つだけを入力する方法ですし、
同ジャンルの中でも簡単な方でしょう。
また間違ったコマンドを入力するとゲームオーバーになるものの、
すぐに直前のポイントに戻される親切設計になっています。
更にちょっとしたヒントもくれますし、
大抵の場合は何をすべきかも分かる構造ですので、
あまり悩まないで進められるのです。

従って高い難度を求める人には物足りないかもしれませんが、
逆に難しいコマンド入力式は敷居が高いと思う人でも、
わりとすんなりと楽しめてしまうでしょう。

<ストーリー>


ストーリーは主人公が嫁さん探しに出るというもので、
舞台はファンタジー世界になります。
人魚やらドラゴンといったキャラと遭遇し、
会話をしたり問題を解決すると、また次のキャラに進むという、
直線的な構造になっていますね。
構造的には単純でなのですが、テキストの良さで楽しめた感じです。

っていうか、良い意味でちょっといかれているわけでして。
人魚がいるから性的意味で襲うってのは自然な流れかもしれませんが、
カメがいるけど襲いますか・・・って、獣姦ですかw
まぁカメとやっちゃうCGは出ないものの、カメと結ばれるエンディングはあります。

人魚の涙03

因みに、このカメは女の子が変身した姿なので、
カメと結ばれるだけでなく、きちんと女の子姿でってのもあります。

これにこりて先に進んだら、今度はドラゴン。
「因みにメスです」・・・って表示されるけど、ドラゴンを襲えとな?
ナビゲーションが微妙に変態ですw
そんな感じで進みますので、楽しく進めるんですね。

本作とカオスエンジェルズはゲームとしてのジャンルも異なるし、
ストーリーも異なっています。
だから一見すると連続性が見えないようでもあるのだけれど、
出てくる女は襲ってみようかという本作の発想が、
カオスエンジェルズでの女モンスターを襲うことにつながっているとも言えるかもしれませんね。

そういや、書いていて思ったのだけれど、
ヒロインとの個別ENDがあるゲームの先駆けみたいなものなのかな、これ。

<グラフィック>


この楽しさを演出していたのがグラフィックで、
まだ市販でもショボイグラフィックの作品が多い中、
このグラフィックは十分に優れていたのかなと思いますね。
人魚の涙02

<総合>


ストーリーとかゲーム性は普通なのですが、
綺麗な絵と妙なテキストのおかげで楽しくプレイできますからね。
これは十分良作と言えるでしょう。
また含まれている要素の評価次第では、もっと価値が出てくると思います。

上記のように今は資料的価値の方が強いのかなと思いますが、
出てくるメスはとりあえず襲ってみようかと思わせるようなノリは、
中々に楽しいものでしたね。
クリア不可能なサブヒロインとか生温いことを言っているゲームには、
この作品くらいの逞しさを見習ってもらいたいものですw

ランク:B(良作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 / /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2162-a7fafe1d
| ホームへ戻る |