ディーふらぐ! 4話 感想

ディーふらぐ! 4話 感想

ディーふらぐ! 4話 「あれは魔の十四楽団!!」 感想

高尾部長と船堀さんの2大ヒロインが遂に揃い踏み。
・・・まぁまだ写真だけなんだけどね。

<ディーふらぐ! 4話 あらすじ>


府上学園フリーダム祭(通称フフ祭)で
高尾率いる「本当のゲーム製作部」に勝利した芦花たち…。
しかし部の名称を変えなければいけなくなり、
部員全員で新たに部の正式名称を決める会議を行うのだが、
会議に同席している高尾が次々と名称案を却下して行く。
そんな時に南が部員騒然の一言を放つ!
そしてある日、下校中の風間一派の前に奴等が立ちはだかる!!

脚本:上江洲誠 コンテ:日巻裕二 演出:石川俊介 作画監督:松岡秀明

<感想>


部の名称を決める話題から始まったけれど、
確かに部活だからできた時点で決定しているわな。
dflag0400001.jpg

というわけで、正式名称は「ゲーム製作部(仮)」。
(仮)部を笑うデフォルメされた高尾部長も可愛かった。
dflag0400002.jpg

今回の一番の見どころは、写真だけ先に登場した船堀さんと、
dflag0400004.jpg

マット運動中の高尾部長の写真でしょう。
dflag0400005.jpg

船堀さんの声が聞ける日が待ち遠しいです。
そして、高尾部長はやっぱり学内でも人気高かったんですねw
巨乳に目がいきがちですが、腿も最高です。


今回、気になったのは原作エピソードのカット。
ちょっとじゃなく、結構バッサリ行っているような。
尺の関係で仕方ない部分もあるのでしょうが、
ストーリー物でキリの良いところまで行きたいという作品でもないですし、
できれば丁寧にやって欲しかった気もするのですが・・・
そんなに早く船堀さんを出したかったのかとか、変な邪推をしてしまいそうですよ。

dflag0400006.jpg
水上桜が攻撃で手に水をかけるシーン。
肉体的な攻撃力には関係ないはずですが、
嫌いな人には直に触れたくないから洗浄とコーティングということで、
相手の精神にダメージを与えるエグいシーンです。
これはこれで面白いシーンではあるのだけれど、
カットされた原作のシーンでその前に桜が主人公を嫌いと言いつつ触れており、
上のセリフを聞いた主人公は実は自分はそんなに嫌われていないと悟るのですが、
そういう部分が好きだったのでね。
削られたのは、ちょっと残念だったり。
他にも罰ゲームのくだりとか、いろいろ削られたのは残念だったなと。

今回は前後のつながりのあるシーンが断片的に幾つか削られ、
そのために違和感も生じてしまった部分もあるのですが、
全体としてはまだ楽しめているし、次回に期待しましょう。

ディーふらぐ! 第1巻 [Blu-ray]
ディーふらぐ! 第1巻 [Blu-ray]


関連するタグ ディーふらぐ! /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「アニメ」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2152-c8ce4415

ディーふらぐ! テレ東(1/27)#04

ディーふらぐ! 第4話「あれは魔の十四楽団!!」

■ディーふらぐ! 第4話「あれは魔の十四楽団!!」

うらばん!【アニメ ディーふらぐ! #4】

ディーふらぐ! 4話「あれは魔の十四楽団!!」の感想

ディーふらぐ! 第4話 「あれは魔の十四楽団!!」 感想

ディーふらぐ 第4話「あれは魔の十四楽団!!」

ディーふらぐ! #4「あれは魔の十四楽団!!」 感想

| ホームへ戻る |