Free Will (フリーウィル)

Free Will (フリーウィル)

『Free Will (フリーウィル)』は1992年にPC-98用として、
きんぷくりんから発売されました。

きんぷくりんに関しては以前に『Blue(ブルー)』で触れたのですが、
後のアダルトゲームブランドであるリビドーの前身ですね。

ゲームジャンル:RPG
freewill01.jpg

リビドー時代もオカズウェアを作り一際異彩を放っていたのですが、
前身たるきんぷくりん時代も圧倒的な自由度をほこるRPGを作ることで、
特徴が非常にハッキリしていたところでした。

そういうわけで本作もまた、ゲームのジャンルはRPGになります。
そして、BLUE同様に自由度重視の作品となるわけですね。

具体的には、例えば画面上に出てくるキャラのほとんどは仲間にできたわけで、
プレイする人によってパーティの構成も全く違っていました。

また特定のストーリーにしばられることもなく、
自由に旅をすることができたんですね。
つまりどこに行くかも何をするかもプレイヤー次第だったのです。

それでいてプレイヤーに対するリアクションも豊富でしたし、
よく作ってあったものです。
最近は自由度重視のRPGも増えてきましたし優れたものも多いですが、
こと「自由度」に関して言えば、
本作を上回っているものはあまりないように思います。

そういうわけで圧倒的な自由度という、
国産RPGにしては珍しい魅力を持った本作。
RPGに何を求めるかは人それぞれなのでしょうが、
中には自由度を求める人もいるでしょう。
そういう人に支持されるのも十分に頷けるというものです。

ただ、もちろんそうでない人もいるわけでして。
本作は自由度は最高なのですが、
ストーリーや戦闘育成に重きを置く人には物足りなかったかもしれません。
特にグラフィック関係はとても地味でしたので、
あまり売れなくてマイナーだったのはその辺に理由があったからでしょう。

それ故、決して万人向けとはいかないのですが、
好きな人はとことん好きになれるタイプってことですね。

きんぷくりんの自由度重視のRPGというのは本作が初ではなく、
『Blue』→『Free Will』→『ファルアディア』と続きます。
少しずつ完成度が高められていったのですが、
正直なところそれぞれの差異をあまり覚えていません。
ただ、新鮮さと完成度の両方を上手く両立させていたものとなると、
本作あたりなのかなと思うわけでして。
そういうわけで本作が名作扱いとなっています。

まぁ、私は自由度重視も好きですが、
どちらかというとストーリー重視の傾向もありますので、
名作と言いつつも点数は低めになってしまうのでしょう。
前述のように自由度を好み重視する人もいるでしょうから、
そういう人ならもっと高い評価にもなる作品だったでしょうね。

ランク:A-(名作)

関連するタグ PC98 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/214-80e62463
| ホームへ戻る |