『プロセルピア』

『プロセルピア』

『プロセルピア』は1988年にPC88用として、
タケルから発売されました。

ゲームブックをコンピューターゲームにしたらこうなった、
という感じの作品でした。

puroserpia01.jpg

<概要>


ジャンルは詳しくは後述しますが、一応ノベル系のADVとしておきます。

ファンタジーものであり、村で大干ばつが続いたことから、
神に対する生贄として主人公の双子の姉が選ばれてしまいます。
そこで主人公のエリヌは姉を救うべく、謎を解く旅に出るのです。
puroserpia03.jpg

<ゲームデザイン>


コンピューターゲームの枠で考えるならば、かなり異色の作品。
他方で、そんな枠に捕らわれないならば、
当時の多くの人が経験したことのあるような作品。
そんな不思議な形容が当てはまるのが、このプロセルピアでした。

基本はノベルゲーと一緒なのです。
画面の右半分という今のノベルゲーよりも広い範囲がテキスト欄となり、
ここにテキストが表示されます。
puroserpia02.jpg

シナリオを読み進めると選択肢が登場しますので、
選択することで展開が変化していきます。
ここまでは今のノベルゲーと全く一緒ですよね。
puroserpia04.jpg

ちょっと違うのは、主人公には各種パラメーターがあり、
行動によりときどき数値が変動します。
時にはイベントで戦闘も発生します。
そのためにRPGと表現されることもあるのですが、
戦闘を繰り返して経験値を貯めて~という、
いわゆるRPGとは全然プレイ感覚が違いますからね。
基本は読み進めるということから考えると、
ノベルゲーに戦闘と数値がくっついたものと考えた方が良いのでしょう。
またこの作品をどういう人が好むのかという視点で考えた場合にも、
戦闘や成長が主でない本作をRPG好きが好むとは思えません。
むしろテキストを読むことを好むADV好きの方が楽しめるでしょうし。

ところで、選択肢を選んだりすると、その成否がチェックされます。
同じ選択肢でも成功したり失敗したり、結果が異なるのです。
その成否の判定は自動でなされます。
ゲームブックの中には行動の成否をダイスを振って決める物がありますが、
そのダイスによる成否をPCが自動で判断してくれたということですね。
だからプレイ感覚としては、
ファンタジーもののゲームブックをやっているのと、ほとんど同じなのです。
puroserpia05.jpg

ノベルゲーの説明に対しては、
必ずゲームブックの話を絡めるべきと言う人もいます。
私も昔は漠然とそう考えていましたが、今はそれは違うのだと考えます。
読みながらも「分岐」することに比重がある作品の場合には、
確かにゲームブックから話し始めた方が良いのでしょう。
例えばコンシューマーで有名な『弟切草』(1992)がそうですね。
あれの説明をするならば、ゲームブックの説明から入った方が良いです。
他方で今のノベルゲーには選択肢のない物も多数ありますが、
そういう作品はゲーム的な分岐を楽しむのではなく、
音と絵のある物語を「読む」ことに比重が置かれています。
これを明確に意識したのが、
古くはシステムサコムのノベルウェア(1988~)となるのでしょう。
この場合、必ずしもゲームブックは関係がなく、
あえて名前を出す必要はないのだと思います。

さて、前者の分岐を楽しむ作品の場合、
その分岐するという構造からゲームブック風だと表現されます。
だから起源としてゲームブックから紹介するわけですね。
でも、ゲームブックにはダイスを振ったり数値が変化する物も多く、
分岐を楽しむノベルゲーにはそのような構造が無い物が大半ですから、
言わばゲームブックを簡略化した構造でしかないと言えるのです。
あくまでもゲームブック「風」でしかないんですよね。
1988年に発売された本作は、かなり忠実にゲームブックを再現しています。
それはゲームブック風なのではなく、
デジタル化したゲームブックそのものとも言えるのでしょう。

<総合>


アドベンチャーゲーム史という観点からは、実は結構意義があるかもしれない本作。
本当は名作としたいところでもあるのですが、
チェックでのランダム要素とか結構面倒でしたからね。
他にもグラフィックがしょぼかったり、
これなら普通にゲームブックで構わないと思った人もいるでしょうし。
なので、一応良作としておきます。

最後に。
ファミコンのADVに限定して考えるならば、
88年といえばファミコン探偵倶楽部が発売された年であり、
ようやくコマンド選択式ADVが浸透してきた頃と言えるのでしょう。
しばらくコマンド選択式が中心になり、
92年になってノベルゲーが登場するわけです。

他方でPCのADVを見てみると、
88年というのは「読む」ことを意識したノベルウェアに、
「分岐」の多彩さを特徴とした『ザ・キング・オブ・シカゴ』、
それに忠実にゲームブックを再現した本作といったように、
今へと続く様々な形のノベルゲーが登場した時期でもあったんですよね。

ランク:B(良作)

関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2139-4376b027
| ホームへ戻る |